2011年 11月 30日
エアドゥ機の塗装デザインを考える
エアドゥ、北海道国際航空。社名に「国際」とありますが、新千歳空港を拠点に就航路線は国内線のみ。一度経営破綻し、全日空の
支援を受けて再スタートしました。運航機材はボーイング767と737。767の機体には「北海道」という文字をデザインして大書きして
います。737にはクマのイラスト『ベアドゥ』がペイントされた機体もあります。

問題は機体の塗装デザイン。飛行機は空力的に洗練されたフォルムをしているので、機体の塗装も流れるようなデザインが望ましい、
と私は思っています。エアドゥの767の場合、胴体の塗装は第1ドア付近からいきなり始まって第4ドアのところで唐突に終わっている。
例えば、機首先端から流れるようなラインで始まり、また後方は垂直尾翼まで伸ばすようなデザインは考えられなかったのか。
色使いにしても、青は空の色だとしても、あの黄色は何?もしかして特産のトウモロコシの色か?少なくとも、北海道の大地をイメージ
させるグリーンを配色する手もあったのではないか。
と、北海道に縁もゆかりもない者が勝手なことを言っておりますが、これも飛行機を愛するが故^^。次回、CIの時には是非ともご一考
いただきたいと切に願っておりますm(_ _)m 。
b0184848_1781491.jpg
b0184848_1782447.jpg
b0184848_1783167.jpg
b0184848_1784042.jpg
b0184848_1784839.jpg


by granpatoshi | 2011-11-30 17:11 | 飛行機 | Comments(2)
Commented by v8power at 2011-12-01 11:42 x
あの窓に沿った水平線のラインをもっと細くするだけでもだいぶ軽快な印象になったのでしょうが。。。
デザイナーとファンには申し訳ないのですが、私も「田舎臭い」デザインだと感じています。
Commented by granpatoshi at 2011-12-01 18:12 x
v8powerさん、こんばんは♪

何かインパクトが感じられないんですよね、あの塗装^^;。
垂直尾翼に描かれた「AIR DO」の文字も、もうひと工夫あっても良さそ
うな気もします。『ベアドゥ』は可愛いですがねぇ・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< スーパーホーネット      艦載機の迫力 >>