2011年 12月 24日
逆光ギラリ
厚木基地RW01エンドの公園に立つと、南側から着陸する機体は逆光の中を進入してきます。
この逆光の中に浮かび上がる飛行機のシルエットが、順光の時とはひと味違った表情を見せてくれます。
F/A-18ホーネットはステルス性を考慮した機体形状をしているため、光が機体に当たっても反射の「ギラリ」
はほとんどなく、せいぜいキャノピーやコックピットのバックミラーに反射する太陽光が一瞬光るだけ。それに
比べてP-3Cオライオンは機体表面積が大きく、塗装もグレーに近いので太陽光が当たるとジュラルミンの
「ギラリ」の度合いが派手です。
露出をかなりアンダーにして撮ると、反射がいい感じに出ました。
b0184848_1073719.jpg
b0184848_1074636.jpg
b0184848_1075572.jpg
b0184848_108559.jpg
b0184848_1081318.jpg

嘉手納基地から飛来したKC-135はつや消し塗装のため、ギラリにはなりませんでした
b0184848_1084454.jpg


by granpatoshi | 2011-12-24 10:16 | 飛行機 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< オフシーズン      メジロ >>