2012年 06月 22日
海峡を眺める
関門海峡。玄界灘と瀬戸内海を結ぶ狭い海峡で、大小合わせて一日数百隻の船が
行き交う海の要衝です。中国自動車道の西の端にある壇ノ浦PAに車を停め、しばし
景観を眺めます。神奈川県の自宅から高速道路を乗り継いでここまで来ると、海峡の
対岸の九州はまさに目と鼻の先。関門橋を車で渡れば、あっという間に九州に上陸です。
b0184848_22453973.jpg
b0184848_22455596.jpg
b0184848_22461731.jpg

話は変わりますが、実家で独り住まいの父が脳梗塞で倒れ、救急搬送されました。
知らせを受けて急きょ馳せ参じた訳ですが、その父が海を見るのが好きで、私が
実家に帰省するたびに車に乗せて関門海峡を眺めに行っていました。海を見ながら
問わず語りに話す内容は昔の思い出ばかり。心象風景として強烈に記憶に残って
いるのでしょうか。
何せ89歳という高齢なのでこれから先どうなるか分りませんが、もう一度父と一緒に
眺めたい風景です。

by granpatoshi | 2012-06-22 22:50 | 風景 | Comments(10)
Commented by karakotokako at 2012-06-23 20:22
こんばんは!
すっかりご無沙汰しています(^^;
また書き込みも見落としていまして、すみませんm(_ _)m

九州へ車で行ったのはかれこれ20年前になります。
懐かしい風景ですね!
主人も私も、もう親はいません。
親孝行してあげてください(*^^*)
Commented by granoatoshi at 2012-06-23 21:50 x
karakotoさん、こんばんは♪

そちらからですと、九州は近いですね。私の家からだと
1000キロありますから、やはり遠いです。

海を見ると心が休まる、というのが父の口癖ですから、
回復したらまた連れて行ってやろうと思います。海も
船も眺めているとロマンが感じられていいものですね。
Commented by よっちゃん3 at 2012-06-25 07:38 x
Toshi さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

ちょっと、ご無沙汰しておりました。お父様のご病気で、また九州へ
行かれたのですね。お疲れ様です。実家の父親も今年で88歳に
なります。毎日愚痴ばかりこぼしておりますが、何とか母と生活して
くれているので、助かっております。やはり、高齢者が身内に居る
と大変ですよね。お父様が早く回復されることを祈念いたします。

では、また。
Commented by granpatoshi at 2012-06-25 09:34 x
よっちゃん3さん、おはようございます♪

お見舞いコメント、ありがとうございます。
昨年、母が亡くなって以来、父はヘルパーさんの助けを
借りつつ独り住まいで頑張ってきましたが、ついに倒れ
ました。
集中治療室に入っている父を毎日2回見舞うという生活
です。よっちゃんさんはご両親がご健在とのこと、大事に
してあげてください。
Commented by alpine3180 at 2012-06-25 09:49
おはようございます。
私も父が実家で一人暮らししています。
お父様の一日でも早いご回復を祈っております。
toshiさんもお体にはお気をつけてください。
Commented by granpatoshi at 2012-06-25 10:21 x
alpineさん、おはようございます♪

ありがとうございます^^。
おや、似たような境遇ですね。高齢者の独り暮らし、とても
心配ですね。
私も今、実家で慣れない独り暮らしを満喫(?)していますが、
家族のありがたさを実感しています。alpineさんもお父上を
大事になさってください^^。
Commented at 2012-06-25 13:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by granpatoshi at 2012-06-25 16:05 x
鍵コメさん、こんにちは♪

ありがとうございます。
そちらも早く回復するといいですね。お互い大変ですが、
頑張りましょう。
Commented by a10-point at 2012-06-25 21:12
こんばんは。
なかなか大変な時ですね。。
関門海峡もめっきり鉄モノが寂しくなりまして、、車で渡った事がないので
こんな絶景を実際に体感してみたいです(^^)
お父上も脳梗塞で大変ですが看病も参ってしまわぬよう頑張って下さい。

Commented by granpatoshi at 2012-06-25 21:52
a10さん、どうも御無沙汰です♪

お気遣いいただき、ありがとうございます^^。
関門海峡はほんとに絶景です。特に夜景が格別ですね。
港は夜の空港とはまた一味違ったロマンがあります。

私も父の看病ばかりでは参ってしまいますので、例えば
空港視察など、いろいろ画策しています^^。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 飛行機を取り巻く人々      王者の風格 >>