2012年 09月 21日
老いを生きる
台風16号が九州の西を通過して以来すっかり秋めいた気候となり、木陰を吹き抜ける
風は、ヒンヤリと心地よい冷たさを運んできます。北の大地から渡ってきた夏鳥たちも、
そろそろ北帰行の準備でしょうか、平地の森にも姿を見せるようになってきました。
家事の合間をぬって実家から車で20分、緑地公園を偵察してきました。コサメビタキ、
センダイムシクイ、エゾビタキなどが迎えてくれました。いよいよ秋の野鳥シーズンの
開幕です^^。
b0184848_8211432.jpg
b0184848_8213281.jpg
b0184848_8213970.jpg

6月に脳梗塞で倒れて入院中の父。併発した余病の治療も終わり、今はリハビリ訓練を
行っていますが、89歳という高齢なので劇的な効果は見込めません。リハビリだけの
ために長期入院という訳にもいかず、次のステップを考えなくてはなりません。
さてこれからどうするか。24時間対応の介護が必要なので、自宅に戻って以前と同じ
ような生活を営むことは不可能です。担当医師やケアマネジャーの人とも相談した結果、
介護施設に入居するのがベストな方法だろうとの結論に至りました。

幸いにも最近出来たばかりの、24時間対応の老人介護施設が見つかり、早ければ
今月末にも入居することになりました。本人はともかく、介護に追われる身内のことを
考えると、他に選択肢はありません。
妻に先立たれ、ヘルパーさんの助けを借りながら、自宅で犬を伴とした独居生活を送って
きた父ですが、ついに介護施設で残された人生最後の時を過ごすことになりました。
「老いを生きる」ことの辛さと厳しさを実感する今日この頃です。
b0184848_8295342.jpg

父の今後のことに関して一応の目鼻もついたので、今日北九州を発ちます。
前回同様、今回もフェリーで大阪まで行き、ちょっと寄り道をして帰ります^^。


by granpatoshi | 2012-09-21 08:45 | 生活 | Comments(12)
Commented at 2012-09-21 13:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あだっちゃん at 2012-09-21 18:43 x
老いは誰も避けては通れない道ですね。
私も妻も早くに両親が亡くなっていましたから、私たちは両親の面倒をみる事はありませんでした。
これからどうやって、子供に世話にならないように生きていこうかと思うこの頃です。
Commented by granpatoshi at 2012-09-22 06:54
鍵コメさん、おはようございます♪

拙ブログをご訪問いただき、ありがとうございます^^。
これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。
Commented by granpatoshi at 2012-09-22 06:57
あだっちゃん、おはようございます♪

おっしゃる通り、老いは誰にでもやってきますね。
子供たちに迷惑をかけないよう、精神も肉体も健康でいたいと
思います。
Commented by 扇香 at 2012-09-22 21:37 x
>「老いを生きる」ことの辛さと厳しさを実感する今日この頃

いずこも同じですね。私も91歳の母が南九州市に住んでいまして2月倒れて 3月4月5月そして8月と鹿児島に通うことになり、病院での母の第一声は「帰るよ」どんなにか自宅に帰りたいのだろうと・・後ろ髪惹かれる思いでこちらに帰ってくるのでした。
はぁ~今年の夏は一寸ダウン気味でした。
朝早くや、夜遅くの電話は心臓に悪いですね。

お父様が次の住処に早くなじんで快適な暮らしが出来ること
願っております。
Commented by granpatoshi at 2012-09-22 22:38 x
扇香さん、こんばんは♪

どうもご無沙汰いたしております。
扇香さんのお母様もそうでしたか・・・私も故郷から遠く離れて生活して
いますので、通うのが大変です。高齢の親の介護は本人はともかく、
家族や身内の負担か大きくなるので、心身ともに疲れますね。

私の父も高齢ですので、自宅で生活するのが理想だとは思いますが、
実際問題そうもいかず介護施設に入ることになりました。自力で生活
出来ないので、本人のためにもその方が良かったと思います。
Commented by プニプニ at 2012-09-23 17:33 x
遠路、お疲れさまでした。
私もそう遠くない日に直面する問題です。
ケアマネさんやヘルパーさんからも、今は人の手を借りる時代ですと言われて
気持ちが軽くなりました。
私自身もダウンしましたし。

ところで、お父さまの飼われていたわんちゃんが気になります。
Commented by granpatoshi at 2012-09-23 20:54 x
プニプニさん、こんばんは♪

ありがとうございます。

そうなんですね、親の介護は多くの人が直面する大問題ですね。
おっしゃる通り、自分の力ではどうしようもない事は、人の力を
借りるのが一番だと思います。
無理をして家族までが倒れるというのが、最悪の結果ですからね。

父が可愛がっていた犬はメスの柴犬で、今年13歳です。
飼い主が入院したため、弟たちが面倒をみていますが、昼間は
一匹で留守番をしています。
Commented by よっちゃん3 at 2012-09-24 07:52 x
Toshi さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

介護、お疲れ様でした。実は、実家の父も88歳になり、
22日に米寿のお祝いを京王プラザでやりました。本人
は病気だ病気だと言っておりますが、傍から見ると、
どこが悪いのかと思うくらいです。実家で母と二人暮らし
ですので、もうしばらくは傍観者で居られるかと思って
おります。

さて、緑地公園ですが、天気が良ければ昨日の午後にでも
出掛けてみようかと思っておりました。やはり、小鳥たちの
渡りも始まっているのですね。今週末にはお邪魔したいと
存じます。

では、また。
Commented by alpine3180 at 2012-09-24 11:38
こんにちは♪
いろいろと大変だと思いますが、無理をなさずご家族との時間を大切にされてください。
九州地方は渡りの中間地点となっているようで、いろんな種類の
野鳥が見れるんですね。
時間のあるときにまた野鳥の写真をUPしてください。
Commented by granpatoshi at 2012-09-24 16:04 x
よっちゃん3さん、こんにちは♪

ありがとうございます。
うちの父より一歳お若いですね。私も昨年、父の米寿のお祝いを
しましたが、その時はまだ比較的元気でした。しかし、高齢になると
いつ何が起きるか分かりません。元気で暮らせるのが一番ですね。

今日、地元の緑地公園を偵察してきました。
今年はミズキの実が少なくて、例年よりもヒタキ類が少ないようです。
でも、一応はエゾムシクイ、キビ♂と♀を撮りました。
Commented by granpatoshi at 2012-09-24 16:07 x
alpineさん、こんにちは♪

ありがとうございます。
親が高齢になると、何かと大変です。やはり老後は健康が第一だと
実感しますね。

北九州は渡りの中継地だそうで、猛禽も関門海峡上空を通過する
そうです。小鳥たちもいろんな種類がいるようです^^。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 寄り道は楽しいな^^      アオサギ、飛ぶ^^ >>