2013年 02月 17日
望遠レンズの圧縮効果
県央を流れる川の河川公園や周辺の公園で野鳥探索をするも、気温が低かったせいか鳥の活性も低く、
撮影も低調でした。じゃあ絶対にボウズのない鳥を撮ろうと、帰り道の途中にある厚木基地に向かいます。

基地南側の公園に着くと、カメラを持った人たちがエアバンドレシーバーを聞きながらスタンバイしています。
今日の目的は鳥撮りだったので、当然ながらレシーバーは持ってきていない。そこで彼らの会話に聞き耳を
立て、彼らの動きをトレースしながら飛行機の動きを予測します。
先ほどからアメリカ海軍のP-3Cや海自のUP-3C、試験飛行中の国産哨戒機XP-1がローパスしながら
飛び回っていますが、当方の撮影機材は鳥撮り仕様のため7Dに500ミリ。しかしレンズが長すぎて、接近
して来た機体はフレームに収まらないので、正面寄りから望遠レンズの圧縮効果を狙って撮影しました。
機体の全長が短い戦闘機ではあまり目立ちませんが、P-3Cクラスの大型機だと目に見えて圧縮効果が
出ますね^^。
b0184848_16321441.jpg
b0184848_16322440.jpg
b0184848_16323062.jpg
b0184848_16323621.jpg
b0184848_16324281.jpg
b0184848_16324746.jpg
b0184848_16325362.jpg
b0184848_16325921.jpg


by granpatoshi | 2013-02-17 16:37 | 飛行機 | Comments(4)
Commented by 戦闘機大好き at 2013-02-24 18:13 x
Toshi さんこんばんは。

厚木基地行かれたんですね♪やはり、500mmでも、キッチリ捕らえるところが、すごいです。

すごく、綺麗に撮影されています。

また、一つお聞きしたいことがあります。

タキシング中の戦闘機をこの前の厚木基地で撮ったのですが、

何か、地上からのモヤモヤなのか?分かりませんが、モヤモヤでかすれた写真が多くでました。

蜃気楼みたいなやつです。

そういったことってあるのでしょうか?





Commented by granpatoshi at 2013-02-24 18:26 x
戦闘機大好きさん、こんばんは♪

本来は鳥撮りが目的だったのですが、帰りにちょっと寄って撮影
してきました。この時はスローシャッターの腕試しのため、P3C
ばかりを撮影してました。

ところでモヤモヤの件ですが、特に戦闘機はジェットエンジンの
排気口から高温のジェットブラストが出ます。まさに蜃気楼ですよ。
プロペラ機でもエンジン付近から出ます。
01からの離陸を撮るのであれば、なるべく東側に立つとエンジン
からの赤い排気とメラメラが写せます。この時、ピントはなるべく機体
前方に合わせます。迫力のある、カッコいい写真になりますよ。
メラメラも雰囲気を出すための、立派な小道具ですよ。
Commented by 戦闘機大好き at 2013-02-26 10:41 x
こんにちは、モヤモヤはそれが原因だったのですね!

しかし、1機でタキシングしている戦闘機にも、地上からのモヤモヤなのかわかりませんが、そう言う写真がありました。

まあ、空港なので、地上の熱もあるとおもうのですが?
Commented by granpatoshi at 2013-02-26 15:12 x
戦闘機大好きさん、こんにちは♪

私は戦闘機のジェットエンジンからの排気は好きです^^。
今の時期は、滑走路上でのメラメラは主にエンジン排気です。
機体と一緒に写しこむと、ものすごい迫力です。
私が冬に撮った厚木の戦闘機の離陸シーンをご覧ください。
ただし、暑い時期の羽田空港では滑走路付近のメラメラは写真の
大敵なので、状況によりますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 強面ルリビタキ^^;      「動と静」 カワセミの魅力^^ >>