2013年 07月 29日
フライト・ドキュメント「嵐の中の着陸」
b0184848_12554595.jpg

定刻より15分遅れて北九州空港を離陸したスターフライヤー88便は、一路羽田空港に向けて順調に
飛行を続けています。高度9千メートルから見下ろすと、下はべったりと雲に覆われ、あちこちで積乱雲が
発達中。紀伊半島を越えて遠州灘に入ると、飛行機は徐々に高度を下げ始めます。
羽田空港に北と南からの到着便が集中する時間帯だと飛行機の間隔調整のため、西日本からの便は
御前崎付近で南に変針させられ、極端な場合は伊豆七島の南まで南下してから北上することもありますが、
今日はほぼ直線飛行で羽田に向けて降下していきます。

伊豆半島下田の上空を経て相模湾に入ると、陸地側の空に厚く張り付いている雲の塊からさかんに
稲光が発生し、夜目にも雲の形がハッキリ見えます。座席モニターで航跡を見ると、飛行機は館山付近から
房総半島を縦断しながら北上。このまま進めば、今日の着陸はB滑走RW22のようです。
さらに北上を続け、千葉市付近まで来てそろそろ左へ変針だなと思っていた矢先、エンジン音が急に高まり
上昇しながら右旋回。静かな客室に甲高いエンジン音が響きます。

雲の中に入ったので地上の明かりはまったく見えません。飛行機は千葉県四街道付近で右180度旋回、
今度は南下します。「操縦室からの連絡では、羽田空港の天候急変により、着陸滑走路が変更になりました。
皆様のご到着が遅れますことをお詫び申し上げます」と機内アナウンス。旅を急いでいる人には申し訳ない
けれど、私は内心ニッコリ^^。このまま天候不良が続いた場合、もしかしたら成田空港へダイバートするかも
しれないと、不謹慎な期待が頭をもたげます^^;。

九十九里の海岸線を左に見ながら更に南下を続け、房総半島中央部で右に変針。木更津を経由して最終
着陸コースに乗ります。高度300メートルまで降下してもまだ雲の中で、地上の明かりは見えません。
機体は上下に小刻みに揺れ続け、気流の激しさが伝わってきます。コックピットは緊張の連続でしょう。
飛行機が東京湾にさしかかるとようやく雲の切れ間から地上の明かりが見え始め、同時に機体を打つ雨の
音が激しさを増してきました。
少々の雨であれば、機体に降り注ぐ雨は気流に押し流されて窓にかかることはありませんが、今日は激しい
水流が窓を覆っています。やがて左斜め前方に京浜工業地帯の工場の明かりが見え始め、ついに滑走路端
を通過。スターフライヤー88便は羽田空港C滑走路RW34Rに無事着陸しました。

成田空港へのダイバートは夢と消えましたが、滝のようなゲリラ豪雨の中での着陸は初めての経験。
予定時間よりも20分遅れての到着でしたが、私には「20分長く飛行機に乗れて良かった(^^)/」という、
いかにも“ヒコーキ・オタク”っぽい余韻にひたりながら空港を後にしたのでした^^。

これがその時の飛行経路です
b0184848_137268.jpg


by granpatoshi | 2013-07-29 13:17 | 飛行機 | Comments(8)
Commented by alpine3180 at 2013-07-29 18:31
こんにちは♪
ご無事で何よりです。
さすがに飛行機だと大胆なコース変更をするんですねぇ。。。
恐らくその雨の中、私は中止になった立川の花火大会会場を後にしていたころかと^^;
Commented by granpatoshi at 2013-07-29 18:44 x
alpineさん、こんばんは♪

ありがとうございます^^。
内心、ウキウキしながら乗っていますた(^^)/。
飛行機は急には曲がれませんから、すべて大回りですね。

花火の中止、残念でしたね。隅田川の花火大会も途中で中止に
なりましたね。でも機内から恐らく木更津だと思いますが、花火が
上がっているのが見えました^^。
Commented by kotodaddy at 2013-07-30 07:59
貴重な体験をされましたね~^^
そうそう、ただ乗ってるだけじゃ物足りないのは飛行機ヲタの性っすからね(笑)。
私も以前ド台風の中を羽田に降りる機に乗り合わせたことがあります。
「ひょっとしたらFKOに戻るかもしれません」みたいな条件付きでした。
そりゃもう揺れた揺れた(笑)。私は割りと揺れには強いですけど、
その私でさえ「大丈夫か、をい・・」って感じでしたねぇ。
羽田上空でホールドさせられた時も4~5機がグルンングルンと
回ってるところを面白がってずっと外を眺めてました。
Commented by chacha-tida at 2013-07-30 10:58
ご無沙汰しています。
今年の北九州の暑さは半端ありません。
東京の方が過ごしやすいかもしれません。
緊迫感が伝わるUP!
豪雨の中での離発着は緊張しますよね。
20分長く乗れてよかったですね( ^ω^ )
Commented by granpatoshi at 2013-07-30 14:55 x
kotodaddyさん、どうもです♪

もう内心ウハウハ^^。ドンピシャのタイミングで嵐の中に飛び込んだ
感じです。FR24でチェックすると、スタフラ機の前を飛んでいたERJ
は完全にゴーアラがかかり、千葉の南で周回飛行してました^^。

私は座席モニターと窓、両方を交互に見ながら、状況把握に努め
ました^^。「成田に行ってもいいよ、何だったら北九州に戻るのは
もっといいよ」と念じていましたが、さすがにそうはならず。
こんな天気、管制官泣かせなんでしょうね。トラフィックはかなり混乱
したと思いますが、私にとっては嬉しい20分間でした^^。
Commented by granpatoshi at 2013-07-30 15:01 x
chacha-tidaさん、こんにちは♪

こちらこそ、どうもご無沙汰していました^^。
確かに北九州は暑かったです。仰る通り、関東の方が幾分気温は
低いですね。

興味の無い人は、早く着陸してほしいと願っていたと思いますが、
私は不謹慎にもこの状況を楽しみました^^。
着陸した瞬間、「あ~、終わった」と、ちょっと残念でした^^;。
Commented by よっちゃん3 at 2013-07-31 07:11 x
Toshi さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

悪天候の中のフライト、お疲れ様でした。いや、十分に堪能された
ようですね。私は、何度かこのような体験はしておりますが、着陸
するまでは冷や冷やものでしたよ。とても、フライトを楽しむ余裕は
ありませんでした。欧州からの帰途、悪天候で成田へ降りられず、
関空に変更になってしまったことがありますが、このときは無料で
新幹線に乗れました。3時間以上も帰宅が遅れてしまって、良い
迷惑だなどと文句を言っていたことを思い出しました。

では、また。

<追伸>最近、機材(1DX+EF800mm)を修理に出してし
まって、鳥の撮影に出かけておりません。また、実父の体調
が思わしくなく、入院手続きなどで週末は愚か、平日も休み
を取って対応しております。お互い、老親を持っていると大変
ですよね。
Commented by granpatoshi at 2013-07-31 22:04 x
よっちゃん3さん、こんばんは♪

飛行機に興味の無い人にはとんでもない時間だったと思いますが、
私は充分に堪能させてもらいました^^。
悪天候で目的の空港に着陸できない事はたまにありますね。
でも成田が関空とは、ちょっと大変でしたね。確かにいい迷惑かも
しれません。後の予定がすべて狂ってしまいますからね。

1DXはリコールですか?早く治るといいですね。

高齢の親を抱えると、面倒見が何かと大変です。私の場合は
北九州ですから、時間的にも金銭的にも負担が大きいです。
落ち着いたら、近場でカワセミ撮影でも行きますか^^。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 柔らかい光で撮るカワセミ      抵抗を減らす装置 >>