2013年 08月 08日
キャセイの特別塗装機
香港から飛来してきたキャセイパシフィックのボーイング777-300ER。主翼端に後退角を持たせた
レイクド・ウィングチップを採用しています。いやその胴体の長いこと、真横に来たとき私の立ち位置
からでは全長が収めきれませんでした^^;。 
今日のフライトにアサインされた機材は、香港を世界にアピールするために施された特別塗装機。
全体の配色が洗練されていて、見慣れたJALやANAの同型機に比べて新鮮な印象を受けました。
強いて言えば、垂直尾翼の塗装も胴体と同じ流れにしてほしかったなぁ、と。
東京(成田・羽田)や関空~香港は各社ともドル箱の路線。最近ではLCCも飛んでいますから、こんな
大型の機材で搭乗率は果たして大丈夫なのかと、ちょっと気になりましたね。
b0184848_1923295.jpg
b0184848_19233731.jpg
b0184848_19234282.jpg
b0184848_19234865.jpg
b0184848_19235480.jpg

こちらは従来塗装の機体
b0184848_19241873.jpg


by granpatoshi | 2013-08-08 00:10 | 飛行機 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 来るには来たけれど・・・      元気溌剌 メスカワセミ >>