2014年 01月 31日
飛行士の眼差し
今日は退院後初めての外来診察。術後の経過は特に問題はないとのことでしたが、右足の甲に痺れがあります。
この痺れは、以前痛めた椎間板ヘルニアに起因している可能性も考えられるとのことで、何種類かの薬を処方して
もらい、2週間後に再び診察となりました。“一難去ってまた一難”といった感じです・・・orz。

まだ撮影に行くことが出来ませんので、昨年暮れに撮影した写真をアップします^^;。

激しい空戦訓練を終えて基地に戻ってきた戦闘機。搭乗員は強い西日から視界を守るためサンバイザーを下ろして
いるので、その表情を見ることは出来ません。しかし操縦士は、滑走路の中心線に機体をアラインさせるべく、しっかりと
前方を見据えています。それに比べて複座機の後席搭乗員は右を見たり左を見たりと、余裕が感じられます。
緊張感漲らせる操縦士と、リラックスした様子の後席搭乗員。両者の視線の向きの違いが面白いですね。
飛行機がレンズの前を横切る一瞬の間にも、狭いコックピットの中で小さなドラマがあるのです^^。
b0184848_12172366.jpg
b0184848_12173088.jpg
b0184848_12173673.jpg
b0184848_1217426.jpg
b0184848_12174998.jpg
b0184848_12175694.jpg
b0184848_1218211.jpg
b0184848_12181027.jpg
b0184848_12181993.jpg
b0184848_1218266.jpg


by granpatoshi | 2014-01-31 12:22 | 飛行機 | Comments(6)
Commented by hanahana at 2014-01-31 21:00 x
足の腫れが早くひくといいですね。
お大事になさって下さいね。

戦闘機、すごいですね@@
初めて見ました。
驚きでいっぱいです。

素晴らしいお写真に心が躍りだしそうです^^
Commented by 坂の上の蜘蛛 at 2014-01-31 23:36 x
今度は足の痺れですか? 
ヘルニアの可能性もありとのことですが薬で治まると良いですね。

それにしてもスーパーホーネット迫力満点ですね。
今まで出し惜しみしてたんですか〜 実に格好いいっすね。
撮影に行ける様になったらお伴させて下さい。
Commented by granpatoshi at 2014-02-01 11:40 x
hanahanaさん、おはようございます♪

ありがとうございます^^。
この手のものは、徐々に治していくということなのでしょうね。

戦闘機、カッコいいです^^。
頭上を飛び抜けていく時の轟音、スゴいですよ。気持ちがスカッと
します^^。
Commented by granpatoshi at 2014-02-01 11:45 x
蜘蛛さん、どもです♪

ヘルニア、リウマチ・・・病気のデパートとなりつつあります^^;。
薬の服用、早めの診察で何とかカバーしたいと思います。

戦闘機、迫力ですね^^。
出し惜しみというよりは、出す機会がなかったということでしょうか。
厚木へ行けば、この手のものは沢山撮れます。現場復帰出来たら
ぜひ一緒に行きましょう。面白いですよ^^。
Commented by 闘将・N at 2014-02-02 17:39 x
granpatoshiさん、今晩は。
大変ですね。お大事にしてくださいね。ゆっくりゆっくりですよ。
右足の甲の腫れがひいて、ゆっくり、リハビリして一緒に撮影
しましょうよ。飛行士の眼差しの先は…granpatoshiさんを
見つめていますよ。素晴らしい写真に感動します。
飛行機の撮影もご指導宜しくお願いします。
Commented by granpatoshi at 2014-02-02 20:31 x
闘将・Nさん、こんばんは♪

ありがとうございます^^。
そうですね、焦らず、ゆっくり治して行きます。

「眼差し」という言葉、私は好きです。野鳥にも眼差しがあって、
状況によっては人間よりも厳しいかもしれません。やはり自然の
中で生きていく強さが表れているのが眼差しでしょうね。
ご一緒させていただくのを楽しみにしています^^。




名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< リタイア迫るジャンボ機      春はいつ来るのか >>