2014年 05月 25日
コマドリ遠征 Part One
車を走らせること3時間半、コマドリ撮影のポイントに到着です。
車から降りると、周囲はコマドリやミソサザイの囀りの大合唱^^。大急ぎで機材をセットして沢に
降りていくと、すでに先客がレンズを向けています。おぉ、居ましたコマドリ。沢沿いのクマザサの
根元や苔むした岩の周辺を出たり入ったり。ポイントに到着して僅か数分で遠征の第一目標を
クリアしたことに、同行の友人二人も驚いていました。

時々晴れ間がのぞく程度の天候なので、写真にしっとり感が出て野鳥撮影には最適の光線状態。
撮影開始から一時間もしないうちに三百枚以上も撮ってしまい、これではCFカードが幾つあっても
足りなくなるので、慌てて画像を整理するという贅沢さ^^。
さらに沢伝いに上流へ進むと苔むした切り株があり、しばらく待っていると主役が登場。先ほどとは
別個体のようで、この谷には複数の個体がいるようです。緑の苔の上や朽ち木の先端に止まって
ポーズを取ってくれます。2年ぶりのコマドリ撮影は上々の滑り出しで言うこと無し^^。
一同、コマドリ撮影を十分に堪能しました。
渓流から出るマイナスイオンを浴びながら野鳥と対峙する・・・これ最上の贅沢ですね^^。
b0184848_21323447.jpg

b0184848_2132427.jpg
b0184848_2132497.jpg
b0184848_2133061.jpg
b0184848_2133610.jpg
b0184848_21331884.jpg
b0184848_2133255.jpg
b0184848_21333135.jpg
b0184848_21333687.jpg
b0184848_21334365.jpg
b0184848_21334952.jpg
b0184848_21335692.jpg


by granpatoshi | 2014-05-25 06:00 | 野鳥 | Comments(8)
Commented by beerpapa at 2014-05-25 08:06
惚れ惚れするような自然の中のコマドリですね(^^♪
こんな場所だとすべてが生き生きしてます。これぞ野鳥撮りの醍醐味です!
3時間半の遠征も充分お釣りが出ましたね~
Part2以降も楽しみにしてます。
Commented by 闘将・N at 2014-05-25 08:12 x
granpatoshiさん、おはようございます。
素敵なコマドリとの多くの出会いがあり素晴らしいですね。
色んな角度で撮影され、流石です。沢沿いで美味しい空気
を吸って、美しいコマドリに会えて至福の時でしたね。美しい
写真を見せて頂き、ありがとうございました。
Commented by granpatoshi at 2014-05-25 12:41 x
beerpapaさん、こんにちは♪

ありがとうございます^^。
標高1500メートルの高地、沢があり、コマドリの営巣地と
しては最高の場所です。こんな素晴らしい場所で撮影できる
のは、素晴らしいことですね。
仰る通り、3時間半かかっても、十分お釣りが来ました^^。
Commented by granpatoshi at 2014-05-25 12:49 x
闘将・Nさん、こんにちは♪

嬉しいコメントをいただき、ありがとうございます^^。
沢の音、そしてコマドリなど野鳥の囀りを聞きながらの
撮影はまさに至福の時間ですね。
爽やかな空気、開き始めた新緑、苔むした岩・・・時間と
お金を掛けても行く価値のあるフィールドでした^^。
Commented by うらくん at 2014-05-25 14:21 x
これは見事!
コマドリの素晴らしいバリエーション!
こりゃ羨ましいなんてもんじゃ無いですね。
今度は お誘いください。
最近不発が続いてモヤモヤしてます(笑)
Commented by granpatoshi at 2014-05-25 16:26 x
うらくん、こんにちは♪

ありがとうございます^^。
このポイントは複数の個体がいますので、枯れ木、苔の岩、
沢など、いろんなバリエーションで撮影することが出来ました。
たまには遠出もいいものです。機会があれば、ぜひ一緒に^^。
Commented by よっちゃん3 at 2014-05-26 07:49 x
Toshi さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

コマドリ遠征、お疲れ様でした。素晴らしい出会いがあった
ようで、良かったですね。私が出かけた時は、雄ばかりでして、
まだ営巣は始まっていないような感じでした。コマドリの美しい
囀りを聞くと、心が洗われるようですよね。
この場所、もう少し近いと良いのですが、私の場合、帰途には
4時間もかかってしまいました。贅沢な話でしょうか・・・・・。

では、また。
Commented by granpatoshi at 2014-05-26 10:11 x
よっちゃん3さん、おはようございます♪

ありがとうございます^^。
高地の爽やかな空気を感じながらのコマドリ撮影、最高でした。
沢の下流域まで含めると、かなりの数がいるのではないかと
思いました。
近ければ人がもっと多いでしょうから、ある程度の距離があった
方が、鳥にも自然にも与えるストレスは少ないと思います^^。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< コマドリ遠征 Part Two      野鳥の宝庫、富士山麓 >>