2014年 06月 29日
君はオスだったのか、サンちゃん^^
前回の撮影はやや消化不良気味だったサンコウチョウ。もっと近くの枝止まりを期待して再度チャレンジ
してきました。「ホイホイホイ」の鳴き声とともに飛んで来たのは長い尾羽がないメス? そのうちオスも
やって来ましたが、オスはメス(?)を追いかけ回し、やがてそれぞれが別方向に飛び去っていきます。
このパターンが何度かあり、「はて今は抱卵中の筈なのに、オスとメスが同時に出てくるのかなぁ」と
不思議に思っておりました。

帰宅後に友人から、これはメスではなくオスではないのかとの連絡があり、あらためて画像を見てみると、
確かにアイリングが太くてクッキリ。メスはアイリングが細くて顔の部分の色味が地味ですが、この個体は
顔立ちがハッキリしています。てっきりメスだと思って撮影していたサンちゃん、実はオスだった^^;。
これで2羽の不思議な行動の謎が解けました。

調べてみると、サンちゃんのオスには尾羽の短いタイプもいるとか。同じオスでなぜそのような個体差が
出るのか、不思議な鳥ですサンコウチョウ^^。
b0184848_21102161.jpg

b0184848_21102817.jpg
b0184848_21104533.jpg

鳥も木から落ちる!?
b0184848_21105283.jpg
b0184848_21105953.jpg
b0184848_2111640.jpg
b0184848_21111297.jpg
b0184848_21111967.jpg

こちらは正統派のオス^^
b0184848_21112579.jpg
b0184848_21113257.jpg


by granpatoshi | 2014-06-29 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
Commented by alpine3180 at 2014-06-29 15:38
こんにちは♬
新緑の中のサンコウチョウ素晴らしいです。
尾羽が短いのは若鳥かと勝手に思ってましたよf^_^;
下のアマサギもいいですねぇ。。。
Commented by 坂の上の蜘蛛 at 2014-06-29 19:37 x
toshiさん、こんばんは。
サンコウチョウの見分け方というか、オスも色々いるみたいですね。
以下のサイトに3typeの説明がありました。
http://www.bird-research.jp/1_event/aid/img/BR-aid2013006.pdf#search='サンコウチョウ尾羽の短いオス'

私は、元はみな尾が長く、何かの影響で長い尾羽が途切れるものと思っていました。
でも長い尾羽がサンコウチョウの象徴で憧れですよね。

Commented by granpatoshi at 2014-06-29 21:18 x
alpineさん、こんばんは♪

ありがとうございます^^。
やはり野鳥は緑バックが一番映えますね。
私は尾の短いのはメスとばかり思っていましたが、
意外や意外、オスもいるんですね^^。

水田の中のアマサギ、色のコントラストが美しいですね^^。
Commented by granpatoshi at 2014-06-29 21:25 x
蜘蛛さん、こんばんは♪

私も見ました。オスには3タイプあるそうですね。
同じオスで、どうしてこんな違いが出てくるのか、不思議です。
確かに、メスは全体の色味が地味ですが、メスタイプのオスは
色がクッキリしています^^。
撮影対象としては、やはり尾の長い方がいいですが、短いのも
それはそれでバリエーションとして楽しめます^^。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 背景良ければ、悪声もまた一興か...      田園風景が似合う鳥 >>