2014年 07月 01日
背景良ければ、悪声もまた一興かと^^;
田んぼの一角にヨシ原があり、その中から「ギョシギョシ、カチカチ、ギーギー」とでも表現するしかない、
複雑かつけたたましい鳴き声が聞こえてきます。悪声の主は「オオヨシキリ」。
ヨシキリといえばヨシの茎をわし掴みにして止まり、大きな口を開けて囀っているシーンが定番ですが、
この田んぼでも期待を裏切らない振る舞いを見せてくれました^^;。
ご覧の通り、色は地味で鳴き声も美しくない鳥ですが、写真にするとこれが意外と写りがいい^^。
背景のヨシの葉の色や形が、構図的に収まりがいいのだと思います。鳴き声は風情に欠けますが、
どこか表情のある鳥だなという印象です。
b0184848_9271580.jpg

b0184848_9272258.jpg
b0184848_9273055.jpg
b0184848_9273635.jpg
b0184848_9274277.jpg
b0184848_9274856.jpg
b0184848_927533.jpg
b0184848_9275920.jpg


by granpatoshi | 2014-07-01 09:29 | 野鳥 | Comments(8)
Commented by kotodaddy at 2014-07-01 10:36
てぃっす♫

ヨシキリ関係は数回狙って行ったもののまともに撮れませんでした。
って言うか、これらの写真はヨシ原の最脇まで出て来てくれた個体ですか?
鬱蒼と茂ったアシ原の奥の方でばかりギシギシ鳴いてて、姿もまぁ何とか見えは
するものの、シャッターも切れない状態ばかりだったんですが・・。
Commented by rollyf at 2014-07-01 11:53
こんにちは。(^_^)

オオヨシキリのオスとメスが並んでいるショットとは珍しいですね。
通常一夫多妻なので、オスは鳴くか繁殖行為をしているだけのようですが、
この番が一夫一妻だと、オスも給餌手伝っているかもしれないですね。
Commented by granpatoshi at 2014-07-01 15:52 x
kotodaddyさん、どもです♪

はい、ヨシ原の縁に出て来て、サービスしてくれますた^^。
このエリアでは数ツガイが営巣しているようで、出たり入ったり。
ギシギシ、ギョシギョシとうるさいほど、鳴いていましたね。
正直、1時間ほどで飽きました^^;。
Commented by granpatoshi at 2014-07-01 15:56 x
rollyfさん、こんにちは♪

え、これヒナじゃない?
わたしゃてっきり幼鳥かと思っていますた。
ということは、このヨシ原はハーレム状態ってことですかね^^:。
鳥の世界、奥が深いなぁ。
Commented by よっちゃん3 at 2014-07-02 06:49 x
Toshi さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

葦原のオオヨシキリ、この季節には良く出会いますよね。
もうヒナがかなり大きくなっているようですね。
私は、先日印旛沼へ行ったのですが、まだ巣立ちして
いませんでした。場所によっても、生育にかなり違いがある
ようですね。葦原と言えば、オオヨシキリ以外にもオオジュリン
やコジュリン、それにセッカやオオセッカのように、良く似た
鳥が居ますね。それら全てに会える場所もありますが、今年は
行けるかどうか、・・・。
今週末から、メルボルンへ出張です。

では、また。
Commented by granpatoshi at 2014-07-02 17:07 x
よっちゃん3さん、こんにちは♪

葦原の定番はやはりオオヨシキリですね。
この田んぼでも数ツガイが営巣しているようで、それはもう
賑やかでしたよ。鳴き声はいただけませんが、姿や動作と
してはそれなりに絵になる鳥ですよね^^。

おや南半球へ出張ですか。向こうは季節は冬ですね。
風邪など引かぬよう、お気を付けて行ってらっしゃい。
Commented by rollyf at 2014-07-02 20:06
こんばんは。(^_^)

どうやらだいぶ勘違いをしていたみたいです。
最後の2枚はメスと幼鳥みたいですね。
オオヨシキリは一夫一妻が基本で、一夫多妻の例のほうが少ないようです。
一夫一妻の際にオスが給餌に参加するのは巣立ち前の少しの間だけで、それ以外はひたすら巣のすぐ上部で鳴いてます。
一夫多妻になりやすいオスは、どのオスよりも先に渡来し広大な縄張りを確保した場合。
後から来たメスが縄張りの条件(環境)を見てつがいになります。
縄張りが広いと他のメスもやって来て一夫多妻のハーレム状態になると。
ですので、縄張りの確保に遅れたオスは、他のオスの縄張りの端っこで
独身のまま鳴き明かし、繁殖シーズンを終えると。なので、オオヨシキリは独身が多いみたいでつよ。(^_^;
Commented by granpatoshi at 2014-07-02 21:07 x
rollyfさん、こんばんは♪

う~む、なるほど。
やはり力の強い個体ほど、美味しい人世(いや鳥世か)が待って
いるということですか(^^)。しかも子育てはあまりやらず、ただ
鳴いて過ごすという享楽鳥世・・・ある意味羨ましい存在だなぁ^^。
競争に負けた個体は独身・・・鳥の浮き世も辛く、哀しいものですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 着陸やり直し      君はオスだったのか、サンちゃん^^ >>