2014年 07月 03日
着陸やり直し
上海航空のエアバスA330型機がB滑走路への着陸に向けて進入降下してきましたが、ちょっとコースがズレている。
正常な飛行では、ゲートブリッジ上空を通過したら機首を220度に向けて左旋回し滑走路と正対しますが、当該機は
左へ舵を切るタイミングが遅かったようです。
「あれれ、どうした?」と思った次の瞬間、グイッと舵を切りましたが時すでに遅し。B滑走路へ着陸する正しいコースには
乗れませんでした。コックピットでは、このままでは着陸出来ないと判断し、エンジンをフルスロットルにしたのでしょう。
黒い排気煙を出しながら上昇を始めました。上海機はさらに上昇を続け都心方向へ右旋回、東の空へ消えて行きました。
25分後に戻って来ましたが、この時は風向きが北風に変わって着陸はC滑走路。房総半島から直線進入で降りてくる
ので、スムーズに着陸しました。
ゴーアラウンドしたことで到着が遅れる、燃料消費が増えるなど、機上の人たちにとってはネガティブな話ですが、私が
乗客だったらその分余計に飛行機に乗れて大喜びだったでしょう^^;。
b0184848_928367.jpg

b0184848_9483645.jpg

b0184848_950447.jpg

b0184848_9485320.jpg
b0184848_949099.jpg
b0184848_949746.jpg
b0184848_9491339.jpg


by granpatoshi | 2014-07-03 09:50 | 飛行機 | Comments(2)
Commented by 闘将・N at 2014-07-06 19:06 x
granpatoshiさん、今晩は。
撮影していて…こんなことあるんですね。田舎が長崎なので
飛行機に乗る機会があるんですが、私が乗客だったら、気絶
していたかもしれません。一番安全な乗り物と言いますが。
これからも、用事があるときは、乗りますが…ね。(汗)
オオヨシキリも子育てに忙しいことでしょうね。素敵に切り取ら
れましたね。
Commented by granpatoshi at 2014-07-06 23:05
闘将・Nさん、こんばんは♪

遠征お疲れ様でした。今回も素晴らしい成果があったようですね^^。

飛行機の着陸やり直し、時たまありますよ。
滑走路に障害物が発生したり、先行機との間隔が詰まりすぎて
やり直すこともあるみたいです。確かに飛行機は単位時間当たりの
事故率は低いので、安全な乗り物ですね。自動車より安全かも
しれません。ご安心なさって下さい^^。

オオヨシキリは比較的撮りやすい鳥ですね。なかなか絵になる
鳥だと思います^^。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< そこは遠すぎるよ、ヤマちゃん      背景良ければ、悪声もまた一興か... >>