2014年 07月 24日
モンゴル大統領機 
RW22に進入降下してくるボーイング737型機。
遠目には、一見スカイマーク機に見えます。「これはパスだな」と思いながらも、一応は確認のため
追い続けます。近づいてくると、ちょっとスカイマーク機とは感じが違う。「ん?なんだ?垂直尾翼の
絵柄が違う!」「なに?モンゴリアン?」・・・そう、モンゴル航空でした^^。
機体前部と垂直尾翼に描かれているのは多分馬。モンゴルといえば、馬に跨がって緑の大草原を
疾駆するイメージがありますが、その馬をデザインしたのでしょうか。コックピット・ウィンドウの下に
「Guyug Khaan」という文字が見えます。初めて見るエアライン、見慣れたボーイング737型機が
とても新鮮に感じました。

帰宅して画像をチェックしながら、「しかし待てよ、モンゴル航空って羽田には就航していなかった筈
だがなぁ」と思い、ネットで調べてみるとエルベグドルジ大統領が21日~24日にかけて来日すると
いう報道がありました。大統領特別機だったわけです。
因みに「Guyug Khaan」は、チンギス・ハーンの孫で第三代皇帝「グユク・ハーン」のことらしいです。
b0184848_20293231.jpg
b0184848_20293877.jpg
b0184848_20294454.jpg
b0184848_20295013.jpg
b0184848_2030053.jpg


by granpatoshi | 2014-07-24 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 田んぼのタマちゃん      エアバスファミリー >>