2014年 07月 27日
田んぼのタマちゃん
いえ、田んぼのネコではありません、タマシギ^^。
姿形も一風変わっていますが、もっと変わっているのがその生態。“一妻多夫”の鳥で、メスは産卵すると
次のオスとツガイになり、再び産卵。抱卵から子育てはすべてオスの役割だそうです。鳥にしては珍しく
メスの方がカラフルで、しかも求愛のディスプレイもメスが行います。動物の世界ではオスが主導権を持つ
場合が多いですが、タマシギは逆。これも自然界で生きて行くための知恵なのでしょうね。
朝露が光る畦道を、カメラの方に向かってノンビリ歩いてきてくれました^^。
b0184848_10242731.jpg

b0184848_10243346.jpg
b0184848_10243886.jpg
b0184848_10244415.jpg
b0184848_10244993.jpg
b0184848_10245464.jpg
b0184848_10245930.jpg
b0184848_1025462.jpg
b0184848_1025966.jpg

写真は約十日ほど前の撮影。その後、田んぼの水は抜かれてタマちゃんは別の場所へ移動したようです。

by granpatoshi | 2014-07-27 10:26 | 野鳥 | Comments(4)
Commented by うらくん at 2014-07-28 08:11 x
これはまた ずいぶんとキレイな個体では。
いい色してますね!
相当シャッターきったのでは?
この個体なら夢中になりそうです。
Commented by よっちゃん3 at 2014-07-28 11:31 x
Toshi さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

素晴らしい写真ですね。タマシギの生態が良く分かります。
私も、昨年、タマシギの子育てを追った経験があります。
雛も可愛いですよね。

では、また。
Commented by granpatoshi at 2014-07-28 20:49 x
うらくん、こんばんは♪

確かにこの個体、色の出具合がしっかりしていますから、
成熟したメスなのかもしれませんね。
カンカン照りの田んぼ、強烈な太陽を遮る物がない農道
でしたので、2時間ほどで退散しました。あぜ道に出たのは
一回だけ、シャッター数はほんの少々でした^^;。
Commented by granpatoshi at 2014-07-28 20:55 x
よっちゃん3さん、こんばんは♪

ありがとうございます^^。
近くまで寄って来たのは一度だけで、あとはずっと田の中を
行ったり来たり。あまりの暑さにこちらが根負けしました。
私はまだヒナは見たことがありませんが、水鳥の雛は親に
ついて歩き回るので、可愛いですよね^^。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 向日葵      モンゴル大統領機  >>