2014年 07月 31日
昼間はマッタリ、青葉木菟
ある神社の境内。ケヤキの古木に2羽のアオバズク。
巣の近くに陣取って、ヒナを見守っているようです。
眠ったり伸びをしたりと退屈そうですが、ヒナに給餌
するため夕方から狩りに出かけるのに備えて、英気を
養っているのでしょうか^^。
b0184848_2330122.jpg
b0184848_233072.jpg
b0184848_23301313.jpg
b0184848_23301858.jpg
b0184848_23302435.jpg
b0184848_23302983.jpg


by granpatoshi | 2014-07-31 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
Commented by うらくん at 2014-08-01 07:46 x
おはようございます。
やはり夏と言えばアオバズクですね。
明るい時間帯なのに、動きのある写真が撮れましたね!
お見事です。
粘り勝ちですね。
Commented by 坂の上の蜘蛛 at 2014-08-01 08:43 x
あれれれ。。。ひまわり→アオバズクと2連続で同じネタになりましたね。
季節季節で撮るのもも似通ってしまうのはやむなしですが、撮影ポイントは
それぞれ違いますね。 アオバズクも境遇は似てますがたぶん違うかと思います。
もしかしてニアミスしてたり(^-^)
もっとも私はお昼過ぎの到着で、親鳥だけなのですぐに次なるポイントに
移動しました。

とにかくこの暑さ。お体は十分ご自愛下さい。
Commented by granpatoshi at 2014-08-01 10:08 x
うらくん、おはようございます♪

この暑い時期、アオバズクは写欲が出る鳥ですね^^。
おっしゃる透り、明るい時間帯はほとんど動きがありません。
撮るのは楽ですが、変化に乏しい被写体でもありますね。
2時間ほどで飽きました^^。
Commented by granpatoshi at 2014-08-01 10:12 x
蜘蛛さん、おはようございます♪

偶然ですが、被りましたね^^。
やはり考えは同じで、暑いとヒマワリのイメージですし、鳥だと
この時期はアオバズクやカワセミでしょうね。
この場所は蜘蛛さんとは別のポイントだと思います。しかし、
考えて見ると、あちこちで営巣しているようで、意外と個体数も
多いみたいですね。

今日~明日まで、父の初盆法要で北九州行きです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 「ハスカワ」成らず      向日葵 >>