2014年 10月 17日
すべて世は事も無し
と、のたもうたはイギリスの詩人ロバート・ブラウニングですが、私の鳥撮り生活でも最近は特に気を引くような
鳥に出会う事も少なく、平凡でありふれた鳥ばかり^^;。
一般論で言えば、何事もなく静かで平和な時を過ごすのが一番いいのでしょうが、こと鳥撮りに関しては、
シャッターを押す指に思わず力が入るような鳥を撮りたいものです。秋の鳥が去り、冬の鳥の飛来までにはもう
少し時間がかかりそうです。
b0184848_9462512.jpg
b0184848_9463116.jpg
b0184848_9463566.jpg
b0184848_9464190.jpg
b0184848_9464618.jpg
b0184848_9465152.jpg
b0184848_9465596.jpg
b0184848_947068.jpg


by granpatoshi | 2014-10-17 09:49 | 野鳥 | Comments(6)
Commented by うらくん at 2014-10-18 21:47 x
カワセミ、凄い精度ですね!
あらためてtoshiさんの技術の素晴らしさに感動させていただきました。
どんな調整をされているのか・・・。
お会いした時にはぜひ ご教授を!
Commented by granpatoshi at 2014-10-18 23:00 x
うらくん、こんばんは♪

いや~、お褒めの言葉をいただき、恐縮です^^。
たまたま近くに来てくれたので、マニュアルでフォーカスさせて、
パシャパシャでした。カメラは7Dですが、ゴーヨン用にマイクロ
アジャストメントを調整しています^^。被写体までの距離が
10メートル位だとパチピンで描写してくれます^^。
Commented by beerpapa at 2014-10-19 10:07
お言葉ですが...
アオゲラなんてでた日には、シャッターを押す指は震え、息は止りその後 心臓はパクパク 
家に帰ってもその余韻は大きく、食事も喉を通りませ~ん(笑) でした。

コゲラの赤ぽっちもなかなか撮らしてもらえませんよ~
Commented by granpatoshi at 2014-10-19 11:46 x
beerpapaさん、こんにちは♪

はい、確かに仰る透り、アオゲラを並みの鳥扱いしては
いけませんね(反省^^;)。コゲラも然り。今の時期、どうしても
秋の渡り鳥に目が行ってしまい、つい贅沢を言ってしまいます。
常駐鳥でも、撮り方を工夫すれば絵になる鳥は多いですね^^。

Commented by よっちゃん3 at 2014-10-22 07:00 x
Toshi さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

仕事の関係でバタバタとしていたため、レスが遅くなってしまい、
申し訳ありませんでした。
身近な鳥を地道に撮影する、これは野鳥撮影の基本ではないか
と思っております。マイフィールドを大切にするという意味です。
何よりも、じっくりと観察しようという姿勢が重要だと思います。

などと言いながら、これからの季節、猛禽類の撮影ばかりに
注力していろいろと遠征してしまう私なのですが・・・・・。

今シーズン、以前、Toshi さんとご一緒した稲敷方面がまた
面白そうですよ。機会があれば、またご一緒しませんか?
これからの季節、時々情報収集をして来ようと思っています。

では、また。
Commented by granpatoshi at 2014-10-22 09:17
よっちゃん3さん、おはようございます♪

普通の鳥でも、背景によっては良い被写体になりますから、
やはり撮り方次第ということでしょうか。

今季の稲敷は期待出来そうですね。
ハイチュウやコミミなどが撮れるのであれば、また行きたい
と思います。よい情報があれば、ぜひご教示ください^^。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ルフトハンザはエライ^^      シャッター速度 >>