2014年 10月 28日
ボーイング747-8 Fanhansa
ルフトハンザドイツ航空の羽田~フランクフルト線には、ボーイング747-400型が投入されていましたが、
26日の冬期ダイヤから機材が最新鋭のボーイング747-8インターコンチネンタルに変更されました。初便は
27日午後、羽田に到着。折り返し717便としてフランクフルトへ向かいます。
定刻15時20分、プッシュバックでターミナルを離れたルフト機は、A滑走路34Lを横断してC滑走路34Rへ。
胴体にはLufthansaではなく、Fanhansa Siegerfliegerというロゴが描かれた特別塗装機。登録番号は
D-ABYI。この機体は、サッカーワールドカップ・ブラジル大会で優勝したドイツチームが母国へ凱旋する時に
使われた機体ですが、まさか羽田空港で見られるとは思っても見ませんでした。因みにSiegerfliegerとは、
「勝者のフライト」という意味だとか。

外見は従来の747-400とほぼ同型ですが、主翼のウィングレットを廃止して、翼端前縁部に後退角がついた
レイクド・ウィングチップを採用しています。その堂々とした飛び姿には、王者の風格さえ感じさせます^^。
b0184848_124243.jpg

b0184848_124938.jpg

b0184848_1242572.jpg
b0184848_1243572.jpg

b0184848_1263092.jpg
b0184848_1263752.jpg
b0184848_1264394.jpg
b0184848_1264859.jpg


by granpatoshi | 2014-10-28 12:28 | 飛行機 | Comments(6)
Commented by kazuki-papa at 2014-10-28 17:57
こんにちは。
初日に京浜島に行かれてましたか。
私はオフィスから眺めてましたが、優雅に低く旋回していきましたね。
また羽田での楽しみが一つ...
Commented by granpatoshi at 2014-10-28 19:33
kazuki-papaさん、こんばんは♪

どうもご無沙汰です^^。
はい、この日を待っておりました。しかし北風運用→南風運用→北風運用と、途中で2回もランチェンがあって、焦りました。
ルフトが上がる少し前に北風運用に戻って、ホッとしました。
次は2タミから撮りたいと考えています^^。
Commented by wisteria_apr at 2014-10-28 20:13
こんばんは。
ばっちり初日から撮りに行かれたのですね。8iは日本だとここしか
見られないようなので、今後も楽しみの一つです。欧州機ならではの
低い上がりと旋回に期待したいところです^_^
Commented by granpatoshi at 2014-10-28 23:10
wisteriaさん、こんばんは♪

ここでしか見られない747-8ICを初日に撮ろうと、いろいろ
場所を考えました。しかし、風向き次第で立ち位置が変わる
ので結構迷いましたが、結果的に京浜島で正解でした^^。
それにしても羽田で昼間、ルフトが撮れる時代になったの
ですねぇ。ありがたいことです(^^)/。
Commented by hanashigai at 2014-10-30 00:14
はじめまして
格好いいですね~。
関空にもきてくれないかなぁ。
そしていつかJALやANAにも・・・と期待してしまいます。
Commented by granpatoshi at 2014-10-30 16:50
hanashigaiさん、こんにちは♪

拙ブログをご訪問いただき、ありがとうございます^^。
ボーイング747-8、カッコいいです。ウィングレットが
ないので、フォルムとしてはどうかなと思いましたが、こう
して写真にすると美しい機体だと感じますね^^。
まだ今のところ羽田空港だけですが、そのうち他社が関空
にも就航させるのではないでしょうか。楽しみですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< EOS7D markⅡ 試し撮り^^      河原の光景 >>