2014年 11月 15日
ミサゴのホバリング
久しぶりでミサゴのご機嫌伺いに行って参りました^^。
現場に到着寸前、すでに主役は川面の上を滑空中。大急ぎで機材をセットして、次の舞台に備えます。
やがて川下方向から飛んできたのはいいけれど上空を通過、遙か彼方の堰の下でダイブ。風が強く
水面にはさざ波が立っていて、上空からでは魚影が見えないのではないかと懸念されます。案の定、
次の飛来では中州の向こう側、穏やかな水面に向かってダイブ。派手に上がる水しぶきだけが見えます。
結局ホバリングは撮れたものの、視界の範囲内でのダイブは撮れず、ハンティングのシーンは次回の
お楽しみということで撤収いたしました^^。
b0184848_17195620.jpg
b0184848_1720213.jpg
b0184848_17201464.jpg
b0184848_17203331.jpg
b0184848_17203985.jpg
b0184848_17204514.jpg
b0184848_17205030.jpg
b0184848_17205697.jpg

30メートル先の対岸ではカワちゃんも頑張っていました^^。
b0184848_17211629.jpg
b0184848_17212277.jpg


by granpatoshi | 2014-11-15 08:00 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by よっちゃん3 at 2014-11-17 07:05 x
Toshi さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

素晴らしいミサゴの写真、ありがとうございました。
私も、先週末にこれを狙って出かけたのですが、
午前中の2回の出現時には、いずれも頭上を通過する
のみ。ホバリングすらしてくれませんでした。残念!
まあ今回の目的が、7D2の飛びものへの適用を確認
することでしたので、その目的は十分に果たせたと
思っています。私の予想以上に7D2は、良い仕上がり
だと思います。やはり、大きく写せることは素晴らしい
と改めて思いました。これからは、1DXよりも7D2を
使うことが増えそうです。

では、また。
Commented by granpatoshi at 2014-11-17 09:39
よっちゃん3さん、おはようございます♪

ありがとうございます^^。
ミサゴのエサ場は、その日の川の状況によっていろいろ
変わるみたいですね。私が行った時は、堰の下や中州の
反対側でダイブしていました。
7D2は焦点距離が稼げるので、野鳥には最適ですね。
よっちゃんさんの場足は、856にエクステンダーを
使えば、猛禽撮影には最強の組み合わせですね^^。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 富士百景      バッテリーグリップ >>