2015年 01月 13日
至近距離のカワセミ飛びモノ 
カワセミまでの距離8メートル。散歩の人が携帯で撮っている横で500ミリレンズを構えている滑稽さに、我ながら苦笑です^^;。
これ位の近さだと止まりモノは綺麗に撮れるけれど、飛びモノ撮影は厳しいです。カワちゃんは枝から右方向に2~3メートル
ダイブして水面に突入しますが、飛翔距離が短いので画角の狭い500ミリでは追い切れません。飛び込む位置を予測して
そこからの飛び出しを狙いますが、水深が浅いので飛び込んだ次の瞬間にはもう空中を飛んでいます。
滞空時間が短いのでアッという間に勝負がつき、尻尾だけの写真や飛び出した後の水しぶき写真などを量産しました。
カワセミの俊敏さにほとほと手を焼きましたが、7D2のゾーンAFと高速連写性能に助けられて、ドアップの飛びモノを撮る
ことができました^^。大きく撮ればいいってものでもないのですが、写真はすべてノートリミングです。
b0184848_22574454.jpg

b0184848_20504611.jpg
b0184848_20505146.jpg
b0184848_20505736.jpg
b0184848_2051352.jpg
b0184848_2051818.jpg
b0184848_20511590.jpg
b0184848_20512238.jpg
b0184848_20512874.jpg
b0184848_20513338.jpg


by granpatoshi | 2015-01-13 07:00 | カワセミ | Comments(2)
Commented by よっちゃん3 at 2015-01-14 07:38 x
Toshi さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

いやー、これは参りましたね。いつもの緑地公園ですか?
これだけ近い距離だと、私は全く対応できないと思います。
お見事でした。それにしても、7D2の性能は素晴らしいです
ね。我々素人カメラマンには、十分過ぎる性能のようです。
一昨日、ミコアイサ雄を撮影している時に、たまたま私の
すぐ横の木にカワセミ雄が飛んで来て餌を獲りました。
当然、私は見ているだけだったのですが、試しに新型100-
400に7D2を付けて止まりものを撮影して見ました。撮影
距離は6m、画面の半分くらいがカワセミという感じでした
が、暗い中、しっかりと解像しておりました。手持ち用の
カメラとしては、この組み合わせは最善ではないかと思い
ました。

では、また。
Commented by granpatoshi at 2015-01-14 17:07
よっちゃん3さん、こんばんは♪

ありがとうございます^^。
500ミリではもう近すぎて、飛びモノは大変です。
300ミリがベストでしょうね。おっしゃる通り、7D2は
使い易いカメラに進化しましたね。旧型に比べて連写速度や
高感度特性が随分良くなりました^^。
100-400の新型も良さそうですね。ズームレンズは
単焦点レンズに比べて解像度の点でちょっと厳しいものが
ありますが、設計が新しいのでいいレンズになりましたね。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ウソを綺麗に撮るには      2年ぶりのミヤホ君  >>