2015年 02月 26日
飛行機に罪はなし
フルサービスの大手2社からは大きく水をあけられ、はたまたLCCからの追撃にも遭い、苦しい経営を
強いられていたスカイマークエアラインが先月、ついに経営破綻しました。大手の対抗値下げ、ひと頃の
急激な円安と原油価格の高騰など、スカイマークを取り巻く経営環境が厳しさを増すなか、起死回生の
一手として導入した大型機エアバスA330も業績回復の起爆剤とはならず、搭乗率は50%台と低迷。
飛べば飛ぶほど赤字が累積するという、逆スパイラルに陥ったわけです。
今後は、運航する機種をボーイング737型機に統一することでコスト削減を計るとし、1月末でエアバス
A330型機の運航を停止しました。
欧州生まれの洗練されたフォルムで、国内ではスカイマークだけが飛ばしていただけに、運航停止は
残念です。
b0184848_1872682.jpg
b0184848_1873292.jpg
b0184848_18737100.jpg
b0184848_1874396.jpg
b0184848_1874843.jpg
b0184848_1875435.jpg
b0184848_1875924.jpg
b0184848_188553.jpg

国際線進出を目論んでエアバスA380型機を6機も発注するなんて、どだい無理な話でしたね。

by granpatoshi | 2015-02-26 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 鈴なりのヒレンジャク(^^)/      ファインダーからはみ出すヒレン... >>