2015年 04月 01日
周回遅れのキレンジャク撮影^^
今年はキレンジャクが当たり年のようで、あちこちでフィーバーしました。私もシーズン終了間際になって、ようやく参戦
することができました^^。山道を歩いていて突然出て来た時はビックリしましたが、何とか枝止まりをゲット。そのご姿を
見失うも、ここで諦めては男が廃るので必死で探しました。ようやく見つけたキレンジャクは茂みの奥で休憩中。
どの方向から撮っても枝や葉が被っていて、写真になりません。悪戦苦闘の末、何カットか黄色い尾羽を入れて全身を
撮ることは出来たけれど、証拠写真の域を脱していません。しかしまあ、撮れただけでもラッキーと納得です^^。
b0184848_13223141.jpg
b0184848_1322377.jpg
b0184848_13224127.jpg
b0184848_13224794.jpg
b0184848_13225240.jpg
b0184848_13225724.jpg
b0184848_1323245.jpg
b0184848_1323767.jpg
b0184848_13231331.jpg
b0184848_13231986.jpg
b0184848_13232463.jpg


by granpatoshi | 2015-04-01 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
Commented by kokocamera1250 at 2015-04-01 13:17
今年はじめて出会ったレンジャク、赤も黃もそれぞれキレイで魅了されました。来季もたくさん来てくれたらいいですよね。冬を待つ楽しみが一つ増えました。
Commented by granpatoshi at 2015-04-01 14:01
ココさん、こんにちは♪

レンジャクは赤も黄も、被写体として最高の鳥ですね^^。
関東ではキレンジャクは珍しいですが、今年はたくさん
来ましたね。私は一度だけの撮影でしたが、ココさんは
たくさん撮られていて、羨ましいです。
また来期に期待ですね^^。
Commented by よっちゃん3 at 2015-04-02 07:11 x
Toshi さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

キレンジャク、私も今シーズン、初めて撮影出来ました。
今までは、ヒレンジャクしか撮影したことがなかったため、
キレンジャクとの違いも今一つ理解しておりませんでした。
両種を同時に観察すると、意外に見分けやすいことが分かり、
やはり、百聞は一見にしかずだなと思った次第です。
今回、Toshi さんの写真を拝見して、先日、私が撮影に
出かけた時のことを思い出しました。動きが機敏なのと、
物陰(小枝を含む)に居ることが多いので、なかなか
背景がすっきりしている写真が撮れないですよね。
ご苦労が偲ばれる写真だと思いました。しかし、キレン
ジャクの特徴を良くとらえておられているので、流石だな
と思いました。

では、また。
Commented by granpatoshi at 2015-04-02 14:59
よっちゃん3さん、こんにちは♪

ありがとうございます^^。
私もどうにか終盤戦に間に合いました。
写真的にはパッとしなくて、よっちゃんさんが撮影された
のとは比べものになりません。やはり抜けた背景出撮りたい
ですね。
今季はこれでお仕舞いでしょうが、来期はもっと頑張って
いい写真を撮りたいと願っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 営巣準備始まる      春を呼ぶ声 >>