2015年 05月 31日
オオルリは哀しからずや・・・
私はいま、激しい憤りを覚えている。巣立ち間近のオオルリのヒナが何者かに盗まれたのだ。
天敵に襲われたのであれば、これも自然界で生きていく厳しさと諦めもつくが、人間の仕業だとすれば到底許せない。
盗んだ者が自分で育てる目的だったとすれば、その間違った価値観を糺したい。ましてや金銭目的だったとすれば、
これはもう言語道断。
野生生物を保護するための法律「鳥獣保護法」では、狩猟や飼育をしてよい種というのが指定されていて、それ以外の
鳥獣の捕獲や飼育はすべて違法行為である。違反者は最高で1年以下の懲役、または100万円以下の罰金を科すと
いう罰則規定もある。当然、オオルリは指定外の野鳥である。違反者が摘発されたら厳罰に処してもらいたい。
繁殖のために遙々何千キロも海を渡ってきて、ようやく辿り着いた森で子育てをする。その姿は感動以外の何物でも
ない。野鳥に限らず、生き物は自然の中で生きてこそ、輝きを発するのである。オオルリのつがいが哀れでならない。
b0184848_1533374.jpg

b0184848_1533432.jpg
b0184848_15335326.jpg
b0184848_15335928.jpg


by granpatoshi | 2015-05-31 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
Commented by よっちゃん3 at 2015-06-01 07:27 x
Toshi さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

大変な事態になってしまいましたね。しかも、カラスや
スズメではなく、オオルリの雛とは、・・・・・。
今回ご紹介下さった写真は、当事者のオオルリ夫妻で
しょうか?どことなく寂しげな雌の表情が気になりました。
私の自宅周辺で、現在ツバメが何番か営巣中です。
そろそろ巣立ちという段階まで来ている巣もありますが、
あまり刺激しないようにそっと見守って行きたいと
思っております。

では、また。
Commented by kokocamera1250 at 2015-06-01 09:22
人の仕業であるなら悲しい、悔しい出来事ですね。

ブログを拝見して、私も撮影者として、
自然の前では謙虚でなければと、
改めて思いました。 ココさん
Commented by granpatoshi at 2015-06-01 09:59
よっちゃん3さん、おはようございます♪

まったくとんでもない事をする人間がいるものです。
人の目に付く場所に営巣するというのも、天敵から
巣を守るための知恵だと思うのですが、それを逆手に
とる行為は許せません。
飼育や金銭目的だとすれば、これはもう立派な犯罪
ですよね。自然を慈しむという精神がないのでしょう。
悲しいことです。
Commented by granpatoshi at 2015-06-01 10:08
kokoさん、おはようございます♪

おっしゃる通り、人は自然の前では謙虚であるべき
ですね、人間もその一部ですから。
鳥に感情があれば、とても悲しんでいると思います。
気を取り直して、別の場所で繁殖が成功することを
祈りたいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 手強いぞ サンコウチョウ      強風に負ける^^; >>