2015年 06月 02日
手強いぞ サンコウチョウ
今年もあのコバルトブルーのアイリングを撮りたくて、山奥の林道へ出掛けてきました。
周囲は鬱蒼とした杉林で近くに沢が流れていて、いかにもサンちゃんが好みそうなシチュエーション。
やがて沢の対岸からサンちゃんのグゼリが聞こえて来たと思ったら、もう次の瞬間には林道を飛び越えて背後の斜面に。
長い尾羽をヒラヒラさせながら飛び回るのは見えるも、動きが速いうえに枝止まりも一瞬なので、ファインダーに入れるのが
大変。おまけに杉の小枝が邪魔をして、フォーカスさせるのにひと苦労。相変わらず手強いサンちゃんでしたが、何とか
今季初撮りを果たすことができました^^。
b0184848_13155198.jpg
b0184848_13155777.jpg
b0184848_1316373.jpg
b0184848_1316932.jpg
b0184848_13161465.jpg
b0184848_13161918.jpg
b0184848_13162598.jpg
b0184848_13163073.jpg
b0184848_13163595.jpg
b0184848_13164185.jpg

突然目の前に現れたオオルリ
b0184848_13164714.jpg


by granpatoshi | 2015-06-02 07:00 | 野鳥 | Comments(8)
Commented by よっちゃん3 at 2015-06-02 07:34 x
Toshi さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

素晴らしいサンコウチョウの写真ですね。
お見事です。爽やかな5月の森の様子が伝わって
来ました。オオルリにも出会えて、最高の1日と
なりましたね。お疲れ様でした。
さて私は、いつも巣作りしか撮影していないので、
営巣前のサンコウチョウの状況を良く知りません。
薄暗い杉林の中、声を頼りにサンコウチョウを探す
のは、難しいのでしょうね。

では、また。
Commented by beerpapa at 2015-06-02 16:36
サンちゃんにオオルリ ゴジュウガラにノジコ
代表選手のオンパレードはうらやましいの一言です

サンちゃんのお住まいは暗く枝葉の密集地
鮮明なアイリングの中でピカリと光るつぶらな瞳
さすがだなぁ~
Commented by granpatoshi at 2015-06-02 18:34
よっちゃん3さん、こんばんは♪

ありがとうございます^^。
サンコウチョウ、動きが速く、枝止まりも一瞬なので
苦労しますね。しかも暗い杉林の中を飛び回るので、
手強いです。まだ営巣前だったので、比較的良く出て
くれました。
鳴き声が頼りなのですが、見つけたと思った次の瞬間
にはもう飛んでいるという状況が多く、苦労しました。
Commented by granpatoshi at 2015-06-02 18:39
beerpapaさん、こんばんは♪

ありがとうございます^^。
サンちゃんはコバルトブルーのアイリングがチャーム
ポイントですが、これをしっかり撮るのは難しいですね。
暗い杉林、枝被り、速い動き・・・三重苦に泣きました。

ノジコは初見初撮りでしたが、羽の緑がとてもきれいで
目も大きいので絵になりますね^^。平地の森ではまず
見られない野鳥が撮れると嬉しいですね。
Commented by うらくん at 2015-06-03 08:04 x
今年もおめでとうございます!
凄いですね!
私は一生未見のまま終わりそうです(笑)
キレいな鳥にうっとりしました!
Commented by granpatoshi at 2015-06-03 12:22
うらくん、おはようございます♪

ありがとうございます^^。
お陰様で、今年も何とか初モノをゲットできました。
“一生未見のまま・・・” いえいえそんなことは
ありませんよ。杉林のある林道に行けば、会えると
思いますので、ぜひ^^。
Commented by wisteria_apr at 2015-06-03 20:50
こんばんは。
図鑑でしか見たことが無いような鳥ですが、意外と小さいみたいですねぇ。
お目目パッチリで愛嬌のある顔が何とも言えません♪
Commented by granpatoshi at 2015-06-03 21:09
wisteriaさん、こんばんは♪

このサンコウチョウ、ボルネオあたりから海を越えて
日本までやって来るんですよ、凄いですよね。
もちろん、渡りの時はあの長い尾羽はありません。
このサンちゃんの最大のチャームポイントはコバルト
ブルーのアイリング。暗い杉林の中で営巣するので、
撮るのに苦労します^^。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ドリームライナー 白青対決      オオルリは哀しからずや・・・ >>