2015年 06月 16日
羨ましい人々
空港で働く人たちを見ていると、「好きな飛行機の傍に居られて、しかもお給料がもらえる」なんて、こんな幸せなことは
ないじゃないかと、ついノー天気なことを思ってしまいます。一般の人は立ち入ることの出来ない、制限エリアで働く人たちが
羨ましい。しかし、夏はコンクリートの照り返しで炎熱地獄、冬は吹き抜ける寒風に身を晒し、日夜を問わず航空機の
安全運航に携わるのは楽ではないでしょう。しかも厳しい国家試験や社内検定に合格しないとそういった職には就けない
わけで、現実は決して甘くはない。ここはやはりデッキの上から見ているだけの方が気は楽ですね^^。

トーイングカーを操るには無線の資格も必要です
b0184848_13345397.jpg
b0184848_133501.jpg

出発前の機体点検はパイロットの重要な職務です
b0184848_1335496.jpg

スポットインと同時に飛行機に取り付いて、何やかやと
b0184848_1335967.jpg

飛行機を駐機場へ誘導するマーシャラー。一度でいいからやってみたい
b0184848_13351548.jpg

最近は女性も増えてきました
b0184848_13352013.jpg

b0184848_13352657.jpg

恐らくシューカツ中の学生さん向けの職場説明会でしょう
b0184848_13353140.jpg


by granpatoshi | 2015-06-16 07:00 | 飛行機 | Comments(2)
Commented by kokocamera1250 at 2015-06-17 21:26
知らなかった情報満載で楽しく拝見しました。

飛行機が離陸する時に、
「行ってらっしゃーい」と滑走路?で
手を振るのやってみたい私です。

ココさん
Commented by granpatoshi at 2015-06-17 22:52
kokoさん、こんばんは♪

デッキから撮影していると、操縦室からパイロットが
手を振ってくれます^^。私も手を振りながら撮影して
います。飛行場で働くのは憧れですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 憧れのアカショウビンを撮る      使用前、使用後 >>