2015年 06月 20日
森に生きる
春の遅い山奥の森も木々の葉が茂り、野鳥たちが生き生きと活動しています。
平地の森ではまず見られないコルリがよく鳴いています。オスは残念ながら撮れなかったけれど、メスはよく出て来ます。
お気に入りのモミジの枝に止まってポーズをつけてくれました^^。
別の森ではオオルリが子育ての真っ最中。枯れ沢の対岸で営巣中のようで、頻繁に出入りしています。クロツグミも
鳴いていて、下生えの笹藪の中を出たり入ったり。枯れ沢に水たまりがあり、どうやらそこで水浴びをしているようです。
様子を窺っていると、沢に張り出した枝にメスが一瞬止まって水場に直行。直後に、同じ枝にオスが止まり、やはり沢に
降りましたが水場は岩の向こう側。かろうじて3カットだけでしたが、クロツグミのオスの枝止まりが撮れました^^。
b0184848_1572452.jpg
b0184848_1573055.jpg
b0184848_1573628.jpg
b0184848_1574136.jpg
b0184848_1574759.jpg
b0184848_1575287.jpg
b0184848_1575814.jpg
b0184848_158380.jpg


by granpatoshi | 2015-06-20 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by kokocamera1250 at 2015-06-21 22:32
前回のアカショウビンも今回も、
私は未だ見ぬ鳥さんばかり。
Toshiさんのブログで楽しませて頂いています。
Canon機材が7月の初めまで調整から戻らないので、
久しぶりにミラーレスカメラで撮影に挑戦も悪戦苦闘(^_^;)
機材が戻ってきたら、少し活動範囲を広げてみようかと
考えています。 ココさん
Commented by granpatoshi at 2015-06-21 23:30
kokoさん、こんばんは♪

ありがとうございます^^。
カメラはベストの状態で撮影することが大事ですから、
機材の調整が早く終わるといいですね。
これから暑くなると、平地の森は夏枯れになりますから
少し標高の高い森や草原がいいと思いますよ^^。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 梅雨の晴れ間のコアジサシ      憧れのアカショウビンを撮る >>