2015年 07月 10日
ライトがピカッ
飛行機には航法に必要なさまざまな灯火が装備されています。
アンチコリジョンライト(衝突防止灯)は、機体の背中と腹部で赤く点滅します。ヒコーキオタクは「アンコリ」と呼びます^^;。
ナビゲーションライト(航空灯)は、飛行機の進行方向と位置を他機に知らせるためのライトで、左翼端に赤、右翼端に
緑のライトが常時点灯されます。ストロボライト (白色閃光灯)も左右の翼端と最後尾で点滅します。
飛行機を撮影していて、アンコリやストロボライトが写ると嬉しくなります。アンコリを写すコツは、なるべく遅いシャッター
速度を使うことです。点滅する間隔が短いので、高速シャッターを使うとシンクロするタイミングが少なくなるのです。
機種によって点滅する間隔が違いますが、ボーイング787は比較的ゆっくり点滅するので、タイミングを計って連写すれば
百発百中で撮れます。
そして難しいのがストロボライト。規則正しく点滅している筈なのに、シャッターのタイミングとシンクロさせるのが難しくて、
撮れればラッキーという感じです。

まずは“アンコリ”から^^
b0184848_22481915.jpg

b0184848_22482472.jpg
b0184848_22483062.jpg
b0184848_22483631.jpg
b0184848_22484355.jpg

ストロボライトがヒットしました
b0184848_22485024.jpg
b0184848_22485575.jpg
b0184848_2249110.jpg


by granpatoshi | 2015-07-10 07:30 | 飛行機 | Comments(2)
Commented by v8power at 2015-07-11 08:51 x
パソコンで画像確認をしていて、これらの点滅する灯火が写っていると、「おおっ!」と思わず声がでてしまいます。

ただ私の場合「でもピンボケじゃん。。。」というオチが付くのですが。。。f^_^;)
Commented by granpatoshi at 2015-07-11 09:57
v8powerさん、おはようございます♪

私も同じで、モニタを見て赤く(あるいは白く)点灯して
いると、「おお、ヤッタ~」と小さくガッツポーズ^^。
何とかライトにヒットさせようと、スローシャッターで
撮るとブレブレを量産^^;。案外難しいですよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 1タミデッキからの眺め      嵐ジェット >>