2015年 07月 20日
夏のキビタキ
「梅雨明けしたと思われる」宣言が発表されると同時に、猛暑襲来。こんな時は標高の高い処に避難する
のがベストですね。果たして野鳥たちはどんな生活をしているのかと、お山へ様子を見に行ってきました。
この時期すでにヒナは巣立ちしていて、水場にはカラ類の幼鳥がたくさんやって来ます。時間帯によっては
“森の保育園”状態^^。子育てが終わったせいか水場に成鳥はあまり来ず、独りキビタキが存在感を出して
いました。秋の渡りの季節まで、この森で暮らすのでしょうか。
b0184848_953459.jpg

b0184848_953986.jpg
b0184848_9531470.jpg
b0184848_9532087.jpg
b0184848_9532668.jpg
b0184848_9533056.jpg
b0184848_9533617.jpg
b0184848_9534295.jpg


by granpatoshi | 2015-07-20 09:54 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by よっちゃん3 at 2015-07-21 11:25 x
Toshi さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

本当に毎日暑いですね。
涼しいお山のキビタキをご紹介下さり、気分だけでも
高原に居るような感じになりました。ありがとうござい
ました。
雄・雌・幼鳥と、揃い踏みですね。お見事でした。
素敵な出会いとなり、遠出した甲斐がありましたね。

私も、どこかへ撮影に行こうかと思うのですが、なかなか
足が向きません。暑い季節は、この辺りは鳥枯れですね。

では、また。
Commented by granpatoshi at 2015-07-21 11:45
よっちゃん3さん、こんにちは♪

いやホント、毎日暑いです^^;。
こんな時、標高の高い場所は湿気が少なく、涼しくて
快適です。こんな場所で一日、野鳥と過ごすと気持ちが
良いです。
ありがとうございます。この森では、キビタキが元気に
飛び回っていました。オオルリやカラ類の幼鳥たちも
水浴びに来ていました^^。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 夕闇迫る空港      成功への道のりは遠い >>