2015年 07月 22日
夕闇迫る空港
日没直後の残照が東の空をうっすら赤く染め、夜の帳がおり始める時刻。空港はさまざまな照明が点り、昼間とは
まったく違う印象になります。出発便、到着便が集中する夕方のラッシュ時間帯は飛行機の出入りも多く、デッキ
から眺めているのも楽しいです^^。
この時間になると、デッキにカメラを持った人たちが上がってきます。そう、夜間の流し撮りをする人。明るいレンズと
高感度に強いカメラがあれば面白い写真が撮れます。あ、もちろんそれを使いこなす技術が必要ですが^^。で、私も
参戦して夜間流しをやりましたが、結果は散々。多少なりとも光が残っている間は何とか手持ちでも撮れましたが、
暗くなってからは流れる光の線がギザギザ。やはりここは三脚とザハトラの出番かなぁ。
b0184848_1150582.jpg

b0184848_1151680.jpg
b0184848_11511171.jpg
b0184848_11511661.jpg

これでも少しは流しているんです^^;ま、アンコリが同調したので良しとします
b0184848_11512176.jpg

シャッター速度1/40秒。まだ速すぎる
b0184848_11512623.jpg

シャッター速度1/25秒。上手い人はこの半分、1/13で切るそうです
b0184848_1151316.jpg


by granpatoshi | 2015-07-22 07:00 | 飛行機 | Comments(2)
Commented by v8power at 2015-07-22 20:50 x
重役出勤から、同伴出勤の時間へとシフトなさったようです。。。f^_^;)

被写体の絶対スピードや被写体との距離の関係もあるのでしょうが1/40秒や1/25秒程が背景もうるさくならず丁度良いのでは?と思いますがどうでしょうか。

背景に光源がある場合などは「線」があまりにも長いと主要被写体が埋もれてしまうとも感じています。。。
Commented by granpatoshi at 2015-07-22 22:24
v8powerさん、こんばんは♪

あはは、懐かしい響きだなぁ同伴出勤(^^)/。
残念ながら、この時は単独出勤でした。
確かにSSを落とすと、背景の光の線の中に被写体が
埋もれてしまいますね。となると、1/20~1/40辺りが
いい具合かもしれませんね。暖かい励ましのコメント、
ひとつ世界が見えてきたような気がします。
ありがとうございました^^。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< スポッティング撮影      夏のキビタキ >>