2015年 09月 04日
いつもとは違う何か
午後から天気が回復しそうだとの、アマタツ予報士のご託宣を信じて羽田空港へ。
南風なので、まずはA滑走路16Rからの上がり狙いで1タミへ。デッキに上がると強烈な南風で、レンズを構えていると
体ごと揺さぶられます。そのうち少しずつ雲も取れてきて、光の回り方も良さげ^^。こんな時、期待出来るのがベーパー。
ボーイング767や777、エアバスA330、340は割と出してくれます。
薄日が差してくると、翼に太陽光が反射してキラッ。同じ場所で、ほぼ同じアングルで撮っていても、気象条件によって
いつもとはちょっと違う表情が撮れたりします。

エンジンに送り込むため圧縮された空気が、水蒸気になって白く見えます。トリプル7はエンジンの直径が大きいので、よくこの現象が起きます
b0184848_20503812.jpg

パイロン(エンジンを翼から吊り下げるための支持架)の上端から発生するベーパー
b0184848_20504665.jpg
b0184848_20505349.jpg
b0184848_20505847.jpg

b0184848_2051496.jpg

主翼両端から糸引きベーパー
b0184848_20519100.jpg

ガルーダのA330。右翼端から糸引きベーパー
b0184848_20511680.jpg

展張したフラップに太陽光が反射しました
b0184848_20512140.jpg
b0184848_2051278.jpg

〈セグウェイに乗るお巡りさん〉
国際線ターミナルで9月1日から運用を開始。これに乗ると視点が20センチほど高くなって、全体が良く見えるんだとか。
それと“見せる警備”という効果もあるらしい。見せる警備といえば、外国の空港では警察官が防弾チョッキを装着し、
マシンガンを構えながら巡回しています。その昔、ミュンヘンの空港で初めて見た時はビックリしました。
ヘッケラー&コッホのサブマシンガンを構え、引き金に指をかけて辺りを睥睨している姿はド迫力でした。それと比べると、
まだ日本の警察の警備はソフトだと思います。
b0184848_20513313.jpg


by granpatoshi | 2015-09-04 07:00 | 飛行機 | Comments(2)
Commented by beerpapa at 2015-09-05 18:17
こんにちは~ コメご無沙汰してます

先月広島帰省時 鳥さんもいないので広島空港付近をぐるぐる
赤い大きな誘導灯(橋?)の近くが良いかなと待機してましたがイマイチ
次回は人気地点を調べて、再挑戦しようと思ってます

ヒタキ類の姿はあるものの、高い枝の中
もう少しすると人馴れしてくれるかな?
そんな期待を込めて近場の公園を歩いてます

Commented by granpatoshi at 2015-09-05 18:37
beerpapaさん、こんばんは♪

どもどもです^^。
広島にはたしかANAのボーイング787が就航していますね。
大阪には伊丹、関空といった飛行機撮りの名所がありますから、
機会があればぜひ^^。
お城にもそろそろ秋の渡り鳥が来ているのではないですか。
これから楽しみが増えますね~^^。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 今季お初のサメビタキ^^      ルフトハンザはエライ^^ >>