2016年 03月 19日
彼岸の寺参り
お彼岸なので、横浜鶴見にある大本山總持寺に参拝に行って参りました。
正式名称は「諸嶽山總持寺」といい、明治末期に能登からこの地に移転、開山された曹洞宗の大本山です。
曹洞宗にはもう一つ、福井県に永平寺という大本山があります。同じ宗派で本山が二つというのも何か故あっての
ことらしいですが、凡人には理解し難いところがあります。
三門をくぐって境内に踏み入れると、広大な敷地に仏殿や大祖堂、香積台、紫雲臺といった巨大な伽藍が点在して
います。渡り廊下では若い修行僧が雑巾掛け。そう言えば、いつぞや某政党の長老が「近頃の若い政治家諸君には
“雑巾掛け”の足りない者が増えてきた」と嘆いておりましたな。若い頃の苦労は大事ですぞ、しっかり修行に励んで
くだされ^^;。

我が家の墓所は北九州にあるので、墓参りも簡単ではありません。私が両親の位牌を管理していることもあって、
住まいに近い本山に参拝に行ってきたという次第です。いつか機会があれば永平寺にも参拝に行ってみたいですね。
b0184848_2131447.jpg

b0184848_2132195.jpg
b0184848_2132650.jpg
b0184848_2133151.jpg
b0184848_2133674.jpg
b0184848_2134169.jpg
b0184848_2135029.jpg
b0184848_2135510.jpg


by granpatoshi | 2016-03-19 07:00 | 生活 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 急行「はまなす」引退      春の嵐に見舞われて >>