2016年 03月 31日
豆粒ミソッチ^^
川の瀬音に負けないくらい大きな声で囀りながらミソサザイが動き回っています。
時期的にはそろそろ営巣準備に入る頃ですが、ここではまだその気配はなし。対岸の岩の上を
行ったり来たりしますが、何せ相手は極小の鳥。ファインダーに納めるのにひと苦労。原寸では
豆粒なので強引にトリミングいたしました^^;。
b0184848_1755117.jpg
b0184848_1755777.jpg
b0184848_176342.jpg
b0184848_17699.jpg
b0184848_1761611.jpg
b0184848_176221.jpg
b0184848_1762856.jpg
b0184848_1763334.jpg


by granpatoshi | 2016-03-31 07:00 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by よっちゃん3 at 2016-03-31 07:28 x
Toshi さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

渓流沿いで出会ったミソサザイ、春らしい雰囲気が良く出ているなと
思いました。私も、コマドリの撮影に行った時に、一緒に居るミソサザイ
を撮影することがあります。後は、営巣時期の戸隠で縄張り宣言をする
雄の雄姿を近距離で撮影します。いずれも、大きな鳴き声が特徴的ですが、
あの小さな体で良く出せるものだなと思ったりします。
これからの季節、冬場に出会うミソサザイとは異なる、ダイナミックな
行動が観察出来ますね。今回も、素敵な出会いとなって、良かったですね。

では、また。
Commented by granpatoshi at 2016-03-31 14:44
よっちゃん3さん、こんにちは♪

ミソサザイも可愛いですね^^。
羽の色はカワガラスと似ていますが、大きさはその半分
位でしょうか。あの小さな体で渓谷中に響き渡る大声で
囀りますが、そのパワーはすごいです。
これからの季節、山奥の渓流に行くとコケなどをくわえて
巣作りの準備をしている姿をよく見ますね^^。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 嘆き節      渓流のカワガラス その2 >>