2016年 05月 06日
Angle of Attack
「アタック」とは穏やかではありませんが、簡単にいえば主翼と空気の流れが成す角度のことで、日本語では
「迎え角(迎角とも)」といいます。
旅客機は滑走路の接地点に向かって3度の降下角で降りてきますが、機種によって機体の機首上げ姿勢が
違います。なかでもエアバスA330はボーイング社製の飛行機よりも迎え角が大きいように思います。機体の
構造や主翼形状の違いなどがその理由でしょうが、滑走路に接地するはるか前から機首を大きく上げて進入
降下してきます。迎え角が大きすぎると失速してしまうので、ここいらがパイロットの腕の見せ所でもあるので
しょう。
b0184848_1838133.jpg
b0184848_18382325.jpg
b0184848_18382842.jpg
b0184848_18383258.jpg
b0184848_18383766.jpg
b0184848_18384327.jpg

ボーイング社の飛行機の方が迎え角は小さいです
b0184848_18384970.jpg
b0184848_18385417.jpg
b0184848_18385943.jpg
b0184848_1839561.jpg


by granpatoshi | 2016-05-06 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< コアジサシに振り回される      初対面のチュウシャクシギ >>