2016年 05月 26日
夏羽ノビタキ
高原の牧草地をゆっくり流しながらノビタキを探します。
この辺に居そうだと当たりを付けて車を止めた目の前、給水パイプの先端にオスが止まっているではありませんか。
慌てて機材をセットし撮影にかかります。近くにメスもいる筈と、待っているとやはりメスも出て来ました。広い牧草地
ですが自ずと縄張りがあるのか、あっちにひと組、こっちにひと組とかなり広範囲に散らばっているようです。
夏羽に替わったオスは“ガングロ”なので眼を出すのが難しく、また快晴下の直射日光で羽の色が妙にテカります。
コントラストが強すぎてギラギラの写真を量産してしまいました。
b0184848_1027159.jpg

b0184848_10272126.jpg
b0184848_10272641.jpg
b0184848_1027329.jpg
b0184848_10273972.jpg
b0184848_10274456.jpg
b0184848_10274959.jpg
b0184848_10275486.jpg

畑にはヒバリもいました
b0184848_10275958.jpg


by granpatoshi | 2016-05-26 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
Commented by at 2016-05-26 11:05 x
こんにちは、ブログ拝見しました。草原のノビタキいいですね流石お見事です。此らではサンコウチョウ狙いですが今日は未だ証拠写真のみですね。嶺
Commented by granpatoshi at 2016-05-26 13:33
嶺さん、こんにちは♪

ありがとうございます^^。
ノビタキは秋の色もいいですが、オスの夏羽もメリハリがあって
いいですね。ただ、顔が黒いので眼に光を入れるのが難しいですね。
サンコウチョウもシーズンインしましたね。林道に行くと、鳴き声が
聞こえて来ますが、私もまだ証拠写真だけで満足出来ていません。
Commented by よっちゃん3 at 2016-05-27 06:40 x
Toshi さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

ノビタキの写真、拝見しました。最初の写真がベストだと
思いました。Toshi さんが解説されている通り、ノビタキは
キャッチライトするのが難しい鳥ですね。顔が黒いからなの
ですが、最初の写真は、見事にキャッチライトされています。
流石だなと思いました。涼しい高原の様子が伝わって来ました。
そろそろ蒸し暑い梅雨の季節に入りますが、たまには軽井沢
辺りでノビタキの子育てでも撮影してみようかなと思った
次第です。

では、また。
Commented by granpatoshi at 2016-05-27 10:00
よっちゃん3さん、おはようございます♪

コメントありがとうございます^^。
オスが夏羽になると、順光側に位置取りしないと
キャッチライトが出ませんね。それと、天気が
良すぎると、草原地帯は意外と陽炎が発生して
撮影には不向きということを実感しました。

ノビタキのベスト写真は、高原のレンゲツツジに
止まる場面でしょうね。いや、やはり北海道が
ベストでしょうか^^。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< あっけない幕切れ      「魔金」に挑む^^ >>