2016年 06月 13日
高級魚は味わって食べろ
もしかしたら来ているかも、と淡い期待を抱きながら河原へ。
しかし今回も見事に期待は裏切られました。一体どこへ行ったんだよ、コアジサシ。このまま手ぶらで帰るのも
悔しいので、浅瀬でエサを探しているサギ類にフォーカス。

ダイサギ、チュウサギ、コサギたちが浅瀬を歩き回っては、遡上してくるアユを狙っています。アユも大きいものは
20センチほどに育ったのもいて、ちょうど塩焼きに良いサイズ、美味そうです^^。あれ位の大きさだと、観光地では
1匹数百円で売っていてもおかしくありません。いや“天然もの”なので、もっとするかもしれません。それを味わう
ことなく丸呑みするとは、何という勿体ない食べ方をするのか^^;。
b0184848_15435984.jpg
b0184848_1544532.jpg
b0184848_15441041.jpg
b0184848_1544167.jpg

b0184848_1549361.jpg

b0184848_15443268.jpg
b0184848_15444177.jpg
b0184848_1544478.jpg
b0184848_15445261.jpg
b0184848_15445725.jpg


by granpatoshi | 2016-06-13 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
Commented by at 2016-06-13 19:11 x
こんばんわ。ブログ拝見しました。本当に味わって食べてもらいたいですね。此の所天然物は食べて無いですね。以前は狩野川へ釣りに 嶺
Commented by granpatoshi at 2016-06-13 19:54
嶺さん、こんばんは♪

多摩川に遡上してくる天然アユ、年々増えているそうです。
水質も改善されて、自然が蘇ってきている証ですね。
アユの友釣りは難しそうですが、自分で釣った魚を食べる
というのは最高の贅沢ですね^^。
Commented by よっちゃん3 at 2016-06-14 06:30 x
Toshi さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

確かに、この場所では、サギの方がコアジサシよりも多いかもしれませんね、
今年は。営巣は愚か、餌取りの数も例年の5分の1くらいのような気がします。
それにしても、多摩川でもアユが本格的に遡上するようになったのですね。
私が子供の頃には、夕方遅くまで二子玉川辺りでアユのドブ釣りが楽しめた
ものですが、その後の水質汚染で、すっかり姿を消してしまったものと思って
おりました。今更ながら、自然の回復力の強さを実感しますね。
それにしても、今年のコアジサシは、どうしてしまったのでしょうね。
残念です。

では、また。

<追伸>昨日から職場に復帰しました。
Commented by granpatoshi at 2016-06-14 11:19
よっちゃん3さん、こんにちは♪

今年は堰付近でのコアジサシの営巣はダメみたいですね。
例年、30羽位の群れが飛び回っていたのですが、今年は
3、4羽がたまに飛来する程度です。浅瀬ではサギ類が
遡上するアユを補食していました。

多摩川も水質が改善されて遡上するアユの数も増えている
そうです。昔の姿を取り戻しつつあるということでしょう。
生き物に限らず、人間にとってもいいことですね。

体調が回復して良かったですね^^。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 戦闘機撮影を楽しむ      鳥と飛行機 >>