2016年 07月 21日
僧、走る
お盆といえば8月15日に行事を行う地域が多いですが、関東では新暦の7月15日に行うこともあるようです。
ということで、15日に横浜・鶴見の総持寺に両親や祖父母の供養でお参りに行ってきました。ところが、です。
この日、神奈川県東部は猛烈なゲリラ雷雨に見舞われ、大雨洪水警報が出る始末。お寺の駐車場に停めるも
車から一歩も出ること能わず。隣接する大学の敷地から雨水が溢れ出てきて、タイヤが半分水没するほど。
「こりゃダメだ」と、撤収を余儀なくされました。普段、信心の薄い輩が殊勝な気持ちになったものだから、天も
驚いたのでしょうか^^;。

そして翌日、出直してお参りしてきました。せっかく来たのだから何かいい被写体はないかと、広い境内をブラブラ
していると目に止まるものがありました。若いお坊さんが法衣を翻しながら走る様です。しばらく様子を見ていて
何となく分かったのですが、若い僧ほど走って移動しているようです。これも修行の一つなのでしょう。
境内に祭られている観音像の前で、若い僧が声明の修行をしているところに出くわしました。後ろで先輩の僧が
見守っていましたが、厳しい言葉で指導していました。禅宗の中でも厳しい修行で知られる曹洞宗ですから、
こういう光景も日常茶飯なのかもしれません。
私のような凡人にはとても真似の出来ない生き方だと、畏敬の念を覚えたのでした。
b0184848_16142928.jpg
b0184848_16143657.jpg
b0184848_16144096.jpg
b0184848_16144537.jpg
b0184848_16145026.jpg
b0184848_16145650.jpg
b0184848_1615190.jpg
b0184848_1615767.jpg


by granpatoshi | 2016-07-21 07:00 | 風景 | Comments(2)
Commented by v8power at 2016-07-21 20:50 x
12月は走る季節と思っていたのですが、7月も走るのですね。
余り行儀が良いとは思えないのですがf^_^;)
Commented by granpatoshi at 2016-07-21 21:16
v8powerさん、こんばんは♪

確かに12月は師が走る月ですが、若い修行僧は年中走って
いるようです^^;。それにしても、僧侶の修行というのは
大変そうです。私にはとても勤まりそうにありません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 視界良好、京浜島^^      成田をウロウロ >>