2017年 01月 03日
酉年に因んで
京浜島といえばB滑走路への着陸機やC滑走路からの離陸機を撮る絶好のスポット。
ここで撮影する人は飛行機にレンズを向けているのが普通ですが、なかに明後日の方向にレンズを向けている
男が一人。飛行機の動向を気にしながらも、水面を連写したり明後日の空を連写するなど、奇異な行動をとって
います。そう、空港と京浜島を隔てる運河にいる水鳥や運河の上を飛ぶミサゴを狙っているのです。
今日の本命はミサゴ。実は飛行機に集中していて、気がついたときにはミサゴは通過した後で後ろ姿。ようやく
4回目の航過で目の前を横切る姿を捉えることが出来ました。一瞬、運河にダイブする気配を見せるも途中で
反転上昇。悠然と西の空へ飛び去りました。

ミサゴ
b0184848_1139435.jpg

b0184848_11395151.jpg
b0184848_11395829.jpg

カンムリカイツブリがボラをゲット
b0184848_1140687.jpg

ハジロカイツブリ
b0184848_11401192.jpg

オオバンの若鳥
b0184848_11401636.jpg

ユリカモメが水面で休憩
b0184848_11402267.jpg

漁船の後を追うユリカモメの群れ
b0184848_11403124.jpg


by granpatoshi | 2017-01-03 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
Commented by yasu shira at 2017-01-03 10:39 x
toshiさんにとって良い年でありますよう、心から祈念いたしております。
今年も素敵な写真でスタートですね。
「明後日の方向にレンズを向ける人」って魅力的だと小生は思います。
さて、今日の写真の中で、2枚目のミサゴに小生は惹きつけられます。
『悠然』と自らの生を全うしているように見えますから。
今年も、いろんなジャンルの魅力あるToshiさんの作品に期待しています。
Commented by granpatoshi at 2017-01-03 11:24
yasuさん、おはようございます♪

酉年ということで、運河の水鳥をフィーチャーしてみました。
たしかにミサゴは悠然と飛びますね。空中でホバリングしながら
水面を見つめ、獲物を見つけたら一気に急降下。この鳥は猛禽の
中では唯一、魚を主食にしているので水鳥たちは襲われる心配も
なく、上を飛んでいてもノンビリしています。運河を漂う水鳥、
上空を舞う猛禽類、そこには生き物たちのドラマがあります。

Commented by よっちゃん3 at 2017-01-05 07:49 x
Toshi さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

明けまして、おめでとうございます。
と言っても、Toshi さんのところは喪中でしたね。失礼しました。

さて今回のミサゴですが、水に飛び込みそうな瞬間の写真が秀逸ですね。
ポーズ、顔つきとも最高だと思いました。流石です。

私もミサゴは、良く撮影しますが、なかなか飛び込んでくれませんね。
たまに飛び込んでくれても、後ろ向きに飛び出したりで、決定的瞬間の
撮影は難しいですよね。と言うことで、今年もミサゴの姿を見たら、
淡い期待を込めて撮影してしまうでしょう。

では、また。今年も宜しくお願いします。

Commented by granpatoshi at 2017-01-05 10:21
よっちゃん3さん、おはようございます

そうなんです、今年は喪中で寂しい正月でした。
もっとも娘たち一家がふた組来ましたので、賑やかでした。

京浜島では目の前の運河をミサゴが何度も通過します。
ボラが泳いでいるのですが、不思議にここでは飛び込みは
少ないです。しかし、この時はダイブする素振りを見せて
こちらが一瞬緊張しましたが、途中で止めました。
県央の川のミサゴポイント、今年はどうなんでしょうか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 行ってて良かった京浜島      新年のご挨拶 >>