2017年 01月 17日
いや~満足満足^^
昨年暮れのうちはルリオスが撮れないと嘆き節を連発していたのに、これは一体どうしたことでありましょうか。
2時間近くにわたって出ずっぱり。雑木林の横の田んぼは田起こしをしていて、エサになる虫が表面に出て来て
いるのでしょう。すぐ近くの日だまりではニャンコが日向ぼっこをしているというのにまったく気にする様子もなく、
枝先から地面に降りては虫を補食してまた戻るを繰り返しています。
あまりの長時間公演に撮り疲れし、途中で中座して別の鳥を探しに行ったほど。戻って来てもまだ舞台は続いて
いましたが、さすがにお腹いっぱい。なんとも贅沢な鳥撮りの一日でした。
b0184848_189426.jpg
b0184848_189999.jpg
b0184848_18915100.jpg
b0184848_1892214.jpg
b0184848_1892949.jpg
b0184848_1893643.jpg
b0184848_18947100.jpg
b0184848_189521.jpg


by granpatoshi | 2017-01-17 07:00 | 野鳥 | Comments(14)
Commented by kokocamera1250 at 2017-01-17 12:33
こんにちは、ココカメラです。
本当にサービス満点でしたね。
特徴の瑠璃色がとても美しく撮れていてうっとりです(*´∀`*)
休憩中?の表情もキュートですね。

私たちは暗さや反対に強い陽の光に苦戦して、こんなにきれいな色では撮れませんでした。
これではルリ君に失礼なので、また挑戦したいと思います。
工事中がタマニキズでしたが、これからの時期通う回数も増える予感。
またよろしくお願いしますm(__)m
Commented by granpatoshi at 2017-01-17 12:43
kokoさん、こんにちは

昨日はお会い出来て良かったです。
あそこのルリオス、本当にサービス精神タップリでしたね。
確かに明暗差が大きくて露出が難しい場所で、私も失敗作が
たくさんありました。
毎年年度末になると工事が始まり、昨日の場所も工事が始まる
可能性がありますね。機会があればまたチャレンジして下さい。
こちらこそどうぞ宜しくお願い申し上げます^^。
Commented by yasu shira at 2017-01-17 14:49 x
こんにちは、Toshiさん。

不思議なものですね、お腹いっぱいになるくらいにルリ雄君とご対面できるとは。
小生、1月13日にルリ雄君と出没ポイントで会って以来、今日の午前中を含めて4回連続でのご対面でした。
今日は、美人のルリ子さんもお出ましでした。

当分、会えなくてもいいくらいの気分です。

Commented by granpatoshi at 2017-01-17 15:12
yasuさん、こんにちは

鳥運というのは不思議なもので、撮れない時はいくら探しても
見つからず、撮れる時は簡単に見つかったりします。なので
季節の鳥は撮れる時に撮っておくというのが鉄則だと思います。
その都度、背景を考えて立ち位置を変えたり、ちょっとした
仕草などを撮るのが飽きないコツだと思います。
貴兄も連続しての撮影、その運がいつまでも続くことを祈ります。
Commented by at 2017-01-17 19:00 x
こんばんわ。ブログ拝見しました。


ルリビタキオスを、いいですね。

此ちらでも畑にルビさんが。


今日はルビさん、ジョウビ狙いでした。 嶺
Commented by granpatoshi at 2017-01-17 19:49
嶺さん、こんばんは

ありがとうございます。
このオス、背中の瑠璃色がかなり濃いので成鳥です。
そちらでも畑でルリビですか。頑張ってください。
Commented by beerpapa at 2017-01-17 20:12
こんばんは~

きれいな個体ですね
こんなルリくんだったら、どんなシーンでも撮りまくりですね
見てるだけでホントに幸せを運んでくれそうです
Commented by granpatoshi at 2017-01-17 20:45
beerpapaさん、こんばんは

コメントありがとうございます^^。
背中の瑠璃色の濃さからすると、少なくとも3年以上の
成鳥だと思います。愛想が良くて、長時間付き合わされ
ました。幸せが来るといいのですが、果たして・・・。
Commented by hanashigai at 2017-01-17 21:14
こんばんは
いつもながら御見事な写真です。
鳥の習性とフィールドを知り、鳥を待つ忍耐力、機材の特性を熟知して、
それを扱う撮影技術も高くないと生まれない写真ばかりなのがわかります。
こんな美しい野鳥が身近にいるかも知れないと思うと、
それだけで周辺の自然が愛おしくなります。
昨年の初秋、琵琶湖岸で大きなミミズクかフクロウに遭遇しました。
獲物を捕まえて食事中で、運良く5メールもない近さで観察&撮影しました。
あいにく50ミリでしたが近かったので結構良い感じに撮れましたよ\(^o^)/
Commented by ペンタ親子 at 2017-01-17 22:04 x
初めてコメントを入れさせて頂きます。
その節は大変お世話になりました。m(_)m。
翌日、足の筋肉痛に悩まされなかったでしょうか。
お陰さまで、今季お初の青いルリ君を、それなりにたっぷり撮影出来、感激でした。
ありがとうございました。
Commented by よっちゃん3 at 2017-01-18 06:46 x
Toshi さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

先日のルリ雄ほどではないですが、今回の個体もなかなか綺麗ですね。
おっしゃる通り、3年物くらいではないでしょうか。
棲息環境も良く分かる写真ばかりで、流石だなと思いました。
ところで、今回の撮影場所では、ミソサザイも見られるのではないで
しょうか?(違っていたら、ごめんなさい。)

では、また。
Commented by granpatoshi at 2017-01-18 11:18
hanashigaiさん、こんにちは

過分のお言葉、ありがとうございます^^。
確かに野鳥の撮影では相手の習性を知っておくことは必須です。
そして野鳥に限らず撮影を確かなものにするためには、機材の扱いを
熟知しておく事も大事ですね。嬉しいコメント、ありがとうございます。

フクロウは希少種なので、偶然とは言え遭遇できたのは素晴らしい出会い
でしたね。まだまだ自然が豊かな証拠ですね。
Commented by granpatoshi at 2017-01-18 11:22
ペンタ親子さま、こんにちは^^

先日はお会い出来て良かったです。
こちらこそありがとうございました。こんなこともあろうかと
日頃から体を鍛えています(ウソです^^;)。
今季初ものが撮影できて良かったですね。私もタップリ撮る
ことが出来て満足でした。またフィールドでお会いしましょう。

またコメントを頂けると嬉しいです。よろしくお願いいたします。
Commented by granpatoshi at 2017-01-18 11:26
よっちゃん3さん、こんにちは

ありがとうございます。
先日の個体とは少し離れた場所で、ミソッチの縄張りからも
近いです。こちらのルリオス君はサービス精神に溢れていて、
長時間にわたり愛嬌を振りまいてくれました。背中の瑠璃色も
かなり濃くて、立派な成鳥ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 不思議色の鳥      なりは小さくとも存在感タップリ >>