2017年 02月 19日
ミソッチに翻弄される
今日もミソサザイを撮りに公園へ。
ミソッチがいる雑木林の縁は暗く、ISOを上げ露出もプラス側に補正してスタンバイ。出て来たのは光の
当たり具合が微妙な場所。動きが速いので露出を修正する余裕もなく、露出オーバーの画像を量産して
しまいました。
次の舞台は狭い水路の中。組石の数センチの隙間に入ったり、水路の壁に取り付いたりして動き回ります。
距離は近いとほんの5、6メートル位でしょうか、近すぎて500ミリで追うのは至難の業。それでもどうにか
こうにか杭の上や明るい水際でキャッチすることが出来ました^^。
b0184848_15101849.jpg

b0184848_15102479.jpg
b0184848_15103086.jpg
b0184848_15103682.jpg
b0184848_15104161.jpg
b0184848_15104726.jpg
b0184848_15105340.jpg
b0184848_15105997.jpg
b0184848_151149.jpg
b0184848_15111054.jpg


by granpatoshi | 2017-02-19 07:00 | 野鳥 | Comments(6)
Commented by kokocamera1250 at 2017-02-19 09:10
やっぱりミソッチは小ちゃな忍者‼️ですかね^_^;

どの写真も表情良くイキイキと撮れていて、暗さを感じません。
お手本にして、私たちも再チャレンジ!
まだしばらく居てくれるといいですが。



Commented by granpatoshi at 2017-02-19 11:16
kokoさん、おはようございます

明暗差の激しい森の縁、素速い動き・・・まさに「小さな忍者」ですね。
水路の上流側に出てくれると、光もいい状態なので暗さはあまり感じられ
ませんが、でもその前に「ボツ写真」を量産しています^^;。
繁殖期が近くなると山の方へ行くと思いますので、機会があれば早めに
行かれることをお薦めします。
Commented by よっちゃん3 at 2017-02-20 07:20 x
Toshi さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

この公園のミソッチ、私は今季、まだ出会っていません。
どうも、タイミングが悪いのか、単に我慢がたりないのか、
良く分かりませんが、姿を見ることすら出来ません。
と言うわけで、今回の写真を拝見して、確かに棲息している
ことが確認でき、改めて、また出かけてみようかと思って
いるところです。
やはりミソッチは、可愛いですよね。

では、また。
Commented by yasu shira at 2017-02-20 08:30 x
Toshiさん、おはようございます。

ミソサザイさん、身体は小さくとも、存在感は大です。
#1~#10の「ミソサザイ劇場」は小生を惹きつけます。
チャームポイントは『尾羽』だけでなく『瞳』もだと思います。

ミソサザイさんのステージが小生の住んでいる近くにあるといいのですが。
そして、Toshiさんのように、ドンピシャのシーンを撮れればうれしいですね。
Commented by granpatoshi at 2017-02-20 12:43
よっちゃん3さん、こんにちは

水路沿いのどこかには居るはずなんですがねぇ。
場所によっては見つけにくい所に出ることもあって、
探すのは結構骨が折れます。上流側の池の周辺が
ポイントかもしれませんが、これもタイミングが
あって難しいところですね。
そろそろ繁殖期が近づいて来て、山の方へ帰る時期
ですが、まだチャンスはあると思いますので、ぜひ
頑張って下さい。
Commented by granpatoshi at 2017-02-20 12:48
yasuさん、こんにちは

ミソサザイは繁殖期が近づくと山の渓流沿いに
移動するみたいですから、そちら方面を探索すると
出会えるのではないかと思います。
確かに野鳥は「瞳」も大事なチャームポイントです。
小さな鳥でも目に光が当たると画像が生きてきます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< つれないカケスとフレンドリーなアトリ      梅メジロ >>