2017年 03月 11日
ルリ撮りは曇りの日に
ルリビタキのような色の強い鳥は、直射日光が当たるとせっかくの色が飛んでしまいます。
高曇りで日差しも柔らかな日、瑠璃色が綺麗に発色してくれることを期待して再びルリ場へ。やや遅めの出勤
でしたが、すでにルリビタキ劇場は宴たけなわ^^。ヒイラギの葉が覆いかぶさった岩の上がお気に入りのようで、
そこから近くの枝に移っては水辺に降りてエサを啄み、また戻るを繰り返します。
明るすぎず暗すぎず、程良い明るさで背中の瑠璃色のテカりもなく、ルリ撮りにはうってつけの日でした^^。
b0184848_17273431.jpg
b0184848_17274048.jpg
b0184848_17274538.jpg
b0184848_17275179.jpg
b0184848_17275668.jpg
b0184848_1728227.jpg
b0184848_1728814.jpg

ツツジの植え込みからウグイスが顔をだしました^^
b0184848_1728132.jpg


by granpatoshi | 2017-03-11 07:00 | 野鳥 | Comments(4)
Commented by yasu shira at 2017-03-11 14:27 x
Toshiさん、こんにちは。

ルリ雄さん、本当にきれいな色でハンサムです。
少し上のほうを向いてる顔が一番でしょうか?
ルリ雄くん、長い時間のお出ましだったようで、良かったですね。
3月3日、Toshiさんが、「ルリビタキはそろそろ生まれ故郷にもどる……」と
おっしゃってましたので、小生がいつも行くフィールドに、7日、出かけました。
若いルリ雄くんでしたので、美しい瑠璃色のお召しものではなかったのですが、
ルリ雄くんに会えたのは間違いありませんでしたので、納得しました。
Commented by granpatoshi at 2017-03-11 16:26
yasuさん、どうもです

ルリビタキの移動、環境や個体によって多少の違いはあるかも
しれませんが、時期的には山の方へ移動する季節ですね。
夏場に山に行くと、今度は今年生まれの幼鳥に会えると
思います。生まれて2年目あたりまでは背中の瑠璃色に茶色が
残っていますが、3年目を超えると綺麗な瑠璃色になります。
私は夏場は富士山5合目あたりに行こうと思っています^^。
Commented by よっちゃん3 at 2017-03-13 06:38 x
Toshi さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

ルリ雄、良い色で撮影されてますね。流石です。
曇りの日は、落ち着いた発色になるようですね。
この個体、羽の色からすると、2年ないしは3年物かな
と推察しました。この場所のルリ、早く行かないと
居なくなってしまうと思いながら、3月に入ってから
はまだ行ってません。先週末は、猛禽類を求めて
また渡良瀬の方へ行ってしまいました。野焼きが
18日(土)だそうで、今季、最後の訪問となると
思い、気合十分で出かけました。成果は、まずまず
かな?狙った鳥は、全て撮影出来ました(一部、
証拠写真程度・・)。近々、私のブログで紹介
させていただきます。

では、また。
Commented by granpatoshi at 2017-03-13 10:02
よっちゃん3さん、おはようございます

ありがとうございます^^。
この場所のルリオスもだいぶ人に慣れてきたのか、
よく出てくれます。私はこの個体は3年モノかなと
思っています。来年も来てくれたら、もう完全な
成鳥になっていることでしょう。

渡良瀬方面の猛禽、成果があったようですね。
遠征した甲斐がありましたね。ブログを楽しみに
しています^^。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< それ以上近寄らないで^^      シンガポール航空のエアバスA350 >>