2017年 04月 04日
管制塔と絡めて撮る
空港を象徴する構造物といえば管制塔。羽田空港には新旧2本の管制塔が屹立していますが、京浜島から
撮影すると飛行機と管制塔を絡めて撮ることが出来ます。立ち位置を変えることで、タッチダウン寸前や直後の
シーンが目線の高さで撮れるのも京浜島ならでは。工事現場を入れたり管制塔を絡ませたり、バリエーションが
楽しめるのも京浜島の面白さではないかと思います。
b0184848_17332949.jpg
b0184848_17333524.jpg
b0184848_17334153.jpg
b0184848_1733475.jpg
b0184848_17335440.jpg
b0184848_1734126.jpg
b0184848_1734755.jpg
b0184848_17341287.jpg


by granpatoshi | 2017-04-04 07:00 | 飛行機 | Comments(2)
Commented by yasu shira at 2017-04-05 07:16 x
Toshiさん、おはようございます。

この日は、さくら曇り?高曇り?
いわゆる、どピーカンではない感じのなかで、
主役の、飛行機と新旧管制塔がきれいに映えています。
管制塔の頭をカットしたらアウトだし、
飛行機の頭のてっぺんから、お尻まできちんと入れないとアウトです。
当然ながら、飛行機によってタッチダウンのポイントが異なるわけで、
両主役をきっちりと一枚の中に収めるのは難しいと思うのですが、いかがでしょう?

京浜島って、欲張りなチャレンジができる素敵な場所ですね。、
Commented by granpatoshi at 2017-04-05 14:27
yasuさん、こんにちは

この日の天候は晴れ、だったのですが都心付近は羽田名物の鉛色の空。
飛行機と管制塔を絡めるには、おっしゃる通り管制塔は全景、飛行機は
キッチリ入れないとダメなのでシャッターを押すタイミングが大事です。
機種によって多少の違いはありますが、タッチダウンのタイミングと
場所は大体掴んでいるので、あとは立ち位置の選択ですね。
京浜島での撮影は事前にイメージを作って出かけます。何かテーマを
作って撮影することで面白さや楽しさが広がると思っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 春のドライブ      一度で二度美味しいベトナム航空 >>