2017年 06月 08日
城南島でのお楽しみ
城南島といえば飛行機だけではありません、船と水鳥。
東京港に出入りする船を見ているだけでも楽しいし、水鳥も立派な被写体になります。東京都港湾局の統計によれば、
東京港に入港する船の数は大小合わせて年間約2万5千隻にもなるそうです。船は物流の担い手として大きな役割を
果たしているのだということを実感しますね。

上海の海運会社が運行している「NEW MINGZHOU 16」
b0184848_15315998.jpg

Pan Ocean社のコンテナ船「POS TOKYO」日本と韓国を結んでいます
b0184848_1532663.jpg

大型船の入出港には欠かせないタグボート「おおい」。出力は3600馬力もあるそうです
b0184848_15321369.jpg

Orient Overseas Container Limited社のコンテナ船「OOCL AUSTRALIA」がタグボート「おおい」にエスコートされて入港
b0184848_15322965.jpg

高輪消防署所属の消防艇「ありあけ」 4丁の放水銃がカッコいいです
b0184848_15323652.jpg

東海汽船のジェットフォイル「セブンアイランド大漁」大漁旗のデザインです。飛行機でおなじみボーイング社製です
b0184848_15324539.jpg


そして水鳥といえば、いまの時期はコアジサシ。
飛行機撮影の合間にコアジサシ狙いでレンズを海に向けます。この日は潮の加減かエサになる小魚がかなり沖合に
いたようで、あまり近くには寄ってこなかったですが、それでもたまに目の前でホバリングをしてくれるコアジサシもいて、
楽しめました。
b0184848_15473622.jpg

b0184848_15474468.jpg
b0184848_15474995.jpg
b0184848_15475470.jpg


by granpatoshi | 2017-06-08 07:00 | 乗り物 | Comments(2)
Commented by よっちゃん3 at 2017-06-08 07:27 x
Toshi さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

この季節、コアジサシの子育てが撮影の定番ですが、城南島では
子育てはしているのでしょうか?それにしても、ホバリングの写真、
ばっちりキャッチライトもゲットされていて、流石ですね。
この分なら、本格復帰も間近かと思った次第です。

近いうちに、どこかでご一緒したいですね。

では、また。
Commented by granpatoshi at 2017-06-08 10:19
よっちゃん3さん、おはようございます

城南島そのものでは営巣場所はないと思います。
東京港野鳥公園が近いので、あの近辺ではないかと推測します。
野鳥公園の周辺には人の入れない池があったりします。

この時は随分沖合を飛び回っていましたが、たまたまこの一羽は
目の前でホバリングしてくれました。順光側に海があるので
キャッチライトがしっかり入りました。
本格稼働できたらぜひご一緒させてください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 始祖鳥に会いに行く      城南島で思ったこと >>