2017年 07月 06日
出たとこ勝負の京浜島
飛行機撮影に欠かせないアイテムとしてエアバンドレシーバーがありますが、私は羽田周辺での撮影では使いません。
特に海外エアラインの撮影には、紙に印刷した国際線時刻表とスマホのアプリ「Flightradar 24」があれば十分。
スマホで今どのあたりにいるかを確認すればそれでよし。
D滑走路に降りるはずがBに来たり、特別塗装機やビジネスジェットが飛んで来たりと、事前には予測できない飛行機が
来るとシメシメです。計算通りのこともあればそうでないこともあって、何が飛んでくるか分からないという楽しさが味わえる
京浜島です。

珍しくエアカナダ機がB滑走路に降りてきました
b0184848_10205366.jpg

トリプル7-300ER 飛行機自体は好きな機種ですが、どうもこのデザインが・・・
b0184848_10205996.jpg

南風に煽られて機体が右に傾いています
b0184848_1021535.jpg

吹き流しがほぼ真横に流れているので、強い西風が吹いているのが分かります
b0184848_10211119.jpg

ガルフストリーム 登録番号のBは国籍を表します。中国です
b0184848_10211618.jpg

ウィルミントン・トラスト・カンパニー社のガルフストリームG450。国籍記号Nはアメリカです
b0184848_10212786.jpg

デルタの006便ロサンジェルス行きがC滑走路に向けて目の前をタキシング
b0184848_10213610.jpg

相変わらずトリプル7のジェット排気は強烈です
b0184848_10214172.jpg


by granpatoshi | 2017-07-06 07:00 | 飛行機 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 信州の旅1 北向観音      城南島詣で >>