2017年 07月 12日
信州の旅3 上高地
大雨の影響で上高地へ行く道路は閉鎖。翌日ようやく開通したので沢渡(さわんど)の駐車場に車を置いて、
バスでまずは大正池を目指します。しかし残念なことに梓川の水位が上昇していて大正池の周辺は立ち入り禁止。
仕方なく再びバスで上高地バスターミナルへ向かいます。ここから河童橋までの遊歩道は問題なく歩けましたが、
背景の穂高連峰は中腹から上は雲の中。いつもは清冽な流れの梓川も今日ばかりはミルクコーヒー色の濁流です。
日頃“晴れ女”を自負する女房殿の神通力も今回ばかりは通用しなかったようです^^;。

河童橋を渡って右岸をウェストン碑まで歩きます。森の中はオオルリやキビタキの鳴き声が響き、クマザサの生い茂る
下生えの中からはコルリの鋭い鳴き声が聞こえて来ます。ハイシーズンになると大勢の登山者や観光客で賑わう
上高地ですが、森の中は行き交う人も少なく大自然を独り占めしたような気分でした。

せっかく来たのに残念!
b0184848_155246.jpg

大正池の背後に聳える焼岳(標高2,455メートル)は北アルプス唯一の活火山
b0184848_1552971.jpg

河童橋遠景
b0184848_1553453.jpg

人の少ない河童橋
b0184848_1554047.jpg

河童橋から見た穂高の山々
b0184848_1554789.jpg

麓は晴れているのに中腹から上は厚い雲に覆われています
b0184848_1555254.jpg

小梨平キャンプ場近くを流れる梓川の支流も白濁
b0184848_1555983.jpg

上高地の魅力を内外に発信したウォルター・ウェストンを顕彰するレリーフ
b0184848_156566.jpg

梓川に流れ込む伏流水は澄んでいました。奥に見える白い川が梓川本流
b0184848_1561135.jpg

オオルリやキビタキの声はすれども姿は見えず
b0184848_1561737.jpg


by granpatoshi | 2017-07-12 07:00 | 風景 | Comments(4)
Commented by okino-tayu at 2017-07-13 05:50
お元気になられて本当によかったです。
普通の生活がいつどんな形で奪われてもおかしくない世の中、当たり前の日常のありがたさに感謝しなから生きていきたいです(ちょっと大袈裟ですかね?笑)
上高地は高校の修学旅行で行ったところです!(もう30年以上も前!)
秋に行ったのですがそのときの静謐な空気が忘れられません。
ぜひまた行ってみたいところのひとつです。
ステキな写真をありがとうございます。
Commented by よっちゃん3 at 2017-07-13 09:48 x
Toshi さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

もう本格復帰のようですね。長野遠征でも問題はなかったようで
ほっとしております。
さて、折角上高地まで出かけたのに、清流に出会えなかったのは
ついてませんでしたね。でも、河童橋の写真を拝見して、若い頃に
何度か通った記憶がよみがえり、懐かしい気分になりました。
勿論、私の場合には鳥見が主目的でしたので、河童橋や大正池は
通過点にしか過ぎなかったのですが・・・。
そろそろ、どこかのフィールドでお会いしたいですね。
電話でご連絡します。

では、また。
Commented by granpatoshi at 2017-07-13 09:57
okino-tayuさん、こんにちは

コメントをいただき、ありがとうございます。
おっしゃる通り、普通の生活が送れるということがどんなに
幸せなことか、病気をするとそれが実感できますね。

上高地のベストシーズンは私も秋だと思います。紅葉の
美しさは筆舌に尽くしがたいものがあると思います。
天気はあいにくでしたが、そのおかげで人も少なく
静謐な時間を過ごすことが出来ました。
Commented by granpatoshi at 2017-07-13 10:01
よっちゃん3さん、こんにちは

コメントありがとうございます。
河童橋から少し離れると人も少なく、まさに大自然を
独り占めでした。オオルリ、キビタキがあちこちで
鳴いていましたが、今回は鳥撮りが目的ではなかった
ので、長玉は持って行きませんでした。
鳥撮りはここ3ヶ月ほどブランクがあって、勘が鈍って
います。よい情報があればよろしくお願いいたします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 信州の旅4 乗鞍岳畳平      信州の旅2 国宝松本城 >>