2017年 08月 17日
写真家の眼差し
b0184848_16375332.jpg

16日から日本橋高島屋で始まった「沢田教一」写真展に行って参りました。
彼を一躍有名にしたピューリッツァー賞受賞の「安全への逃避」をはじめ、激しい戦闘に顔を引きつらせる兵士の
生々しい表情など、見る者を圧倒する光景が写し出されています。いまでも世界のあちこちで戦争があり、そこには
数多くのフォトグラファーたちが集まって戦争の悲惨さを伝え続けていますが、映像技術の進歩とともに現在では
ビデオジャーナリズムが主流となっています。

私が思うに戦争に限らず、極限の場面を写し撮ることができるのはやはり動画ではなく1枚の写真ではないかと
思います。仮に沢田教一が「安全への逃避」を動画で撮影していたら、見る側はその場面をどのように捉えただろうか。
動画で撮っていても一連の流れの中で同じ瞬間が映っているでしょう。しかし見る側の脳内をすっと通過してしまう
のではないか。同じ映像でも写真は見る側に想像力を要求します。ここが写真の持つ力なのではないかと思うのです。

沢田教一は最前線の写真だけではなく、市井の人々の暮らしや子ども達の笑顔もたくさん撮っています。
激しい戦争が行われている同じ国で、子ども達の屈託のない笑顔は救いです。しかし1970(昭和45)年10月、
カンボジアで取材中に34歳の若さで銃弾に倒れました。戦場写真家としての名声もさることながら、報道写真家としての
眼差しは今も消えることのない輝きを放っていると感じました。

by granpatoshi | 2017-08-17 07:00 | その他 | Comments(2)
Commented by よっちゃん3 at 2017-08-17 07:26 x
Toshi さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

ご無沙汰しておりますが、お元気ですか?
今年の夏は、天候に恵まれず、なかなか撮影に行けないのでは
ないでしょうか?私も、家内の実家にお邪魔した際に、2日ほど
撮影に行っただけで、後は、孫の子守に徹しております。
さて、ビデオか写真かという選択についてですが、私も人に
感動を与えるのは写真だろうと思っています。ビデオの場合、
撮影者の意図(何を見て欲しいか)がぼやけてしまうと思う
からです。事実、私は良く鳥の飛翔写真を撮影しますが、
1シーンで30枚くらい撮影しても、本当に気にいった写真は、
数枚しかありません。他の写真は、なくても良い写真である
訳で、ビデオ撮影した時には、当然ながら、それらも映像と
して流してしまうことになるのです。まあ、自分が写真撮影
しかしないから言っているのかもしれませんが・・・。

では、また。
Commented by granpatoshi at 2017-08-17 09:16
よっちゃん3さん、おはようございます

この夏は天候不順で、いかにも夏らしい日というのは
少ないですね。来週あたりから少しずつ回復しそうだと
天気予報士は解説していますが。

動画かスチルか、私も断然スチル派です。
動画は直感的で分かりやすいですが、漫然と見ることが
おおいですね。写真はその瞬間を切り撮る作業なので
撮る方も対象をキッチリ見据えています。ですので
一眼レフカメラに動画機能は不要と考えています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 戻ってこい、夏の空      パーフェクト^^)/ >>