2017年 09月 13日
艦隊の眼
早期警戒機E-2Dアドバンスドホークアイ。空母の前方百キロ以上も進出して前方警戒を行います。
背中に背負っている巨大なレーダーの探知距離は300キロから500キロにも及ぶそうで、強力な探知能力は
まさに鷹の眼。艦隊防御の要として重要な役割を担っているのです。
近づいてくると8翅プロペラのブレードが空気を切り裂く「パタパタパタ」という独特の音が迫力を感じさせます。
あちこち出っ張った機体の割には機動も軽快で、背中が全部見えるほどヒネってくれました。
b0184848_15425888.jpg
b0184848_1543586.jpg
b0184848_1543975.jpg
b0184848_15431684.jpg
b0184848_15432032.jpg
b0184848_15432639.jpg
b0184848_1543311.jpg
b0184848_15433818.jpg
b0184848_15434423.jpg
b0184848_15435039.jpg
b0184848_15435655.jpg
b0184848_1544142.jpg


by granpatoshi | 2017-09-13 07:00 | 飛行機 | Comments(2)
Commented by うらくん at 2017-09-13 07:02 x
初めて見ました。
最新鋭機なのに、どことなくアナログ感がありますね。
Commented by granpatoshi at 2017-09-13 11:53
うらくん、こんにちは

この飛行機、初期型はもう40年以上も前から飛んでいます。
その後アップデートを重ねて現在に至っています。航空自衛隊でも
運用しています。独特のスタイル、カッコいいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 今季お初のサンちゃん      臨場感 >>