2016年 12月 11日 ( 1 )

2016年 12月 11日
艦載機パイロットの腕の見せどころ
空母への着艦は別名Controlled crash「制御された墜落」とも呼ばれる、ハードでタフな着陸です。
訓練から戻って来たスーパーホーネットがカメラからおよそ200メートル先の滑走路に着陸。
タイヤが滑走路に接地した瞬間、路面との摩擦で白い煙がパッと上がり、衝撃の強さを物語ります。
それにしてもさすが艦載機のパイロット、接地点はどの機もほぼ同じ。短い空母の甲板に正確に着艦する
訓練を重ねているのでしょう、大したものです。

第195戦闘攻撃飛行隊Dambusters “Chippy”各機の着陸シーンです
b0184848_1518770.jpg

b0184848_15181347.jpg
b0184848_15181830.jpg
b0184848_15334531.jpg
b0184848_15335276.jpg

407番は狙った接地点より少し先に伸びたのかストンと機体を落としたようで、その衝撃で機体がバウンドしました
b0184848_1534784.jpg
b0184848_15341638.jpg
b0184848_1534225.jpg


by granpatoshi | 2016-12-11 07:00 | 飛行機 | Comments(4)