2016年 12月 27日 ( 1 )

2016年 12月 27日
強風が残したもの
大荒れの冬の嵐の翌日、京浜島へ。
お立ち台から眺めるとB滑走路へ進入してくる着陸機の背後には怪しげな雲が広がり、写真的には面白い
絵柄が期待出来そう。しかしゴールデンタイムは1時間ほどで終了、無念のランウェイチェンジとなりました。
今度はA滑走路への着陸機を狙います。前日の強風で空気が入れ替わり、メラメラもほとんどないクリアな
視界で、アプローチしてくる飛行機の姿もクッキリ捉えることができます。まだ風が強く、パイロットにとっては
厳しい気象条件だったでしょうが、地上にいる側からするといろいろ変化に富んだシーンが撮影できました。

B滑走路22への着陸進入
b0184848_182892.jpg

b0184848_18174377.jpg
b0184848_18174927.jpg
b0184848_18175574.jpg

ランウェイチェンジ後、C滑走路からの離陸機。相変わらずトリプル7の排気は凄い
b0184848_1818055.jpg
b0184848_1818684.jpg

A滑走路34Lへの着陸進入
b0184848_18181157.jpg
b0184848_18181751.jpg
b0184848_18182288.jpg

それにしてもJALは「がんばろう」だの「行こう」など、何かと背中を押してくれます
b0184848_18183733.jpg


by granpatoshi | 2016-12-27 07:00 | 飛行機 | Comments(2)