2017年 11月 26日 ( 1 )

2017年 11月 26日
禅寺
さて高校の古希同窓会の日、夕方4時からの開催だったので昼間は時間があります。
以前から北九州に帰ったらぜひ一度訪ねたいと思っていたお寺があり、ちょうど良い機会だったので行って
きました。黄檗宗(おうばく)の名刹、広寿山福聚寺(こうじゅさん・ふくじゅじ)、禅宗のお寺です。大本山は
京都宇治の黄檗山萬福寺。禅系宗派は臨済宗、曹洞宗、そして黄檗宗がありますが、黄檗宗は江戸時代に
明から伝わった比較的新しい禅宗です。

広寿山福聚寺は小倉小笠原藩の初代藩主小笠原忠真が同家の菩提寺として創建したもので、江戸後期の
戦乱で消失した伽藍もありますが、随所に中国風の建築様式が見られるなど風格のある古刹でした。
訪ねる人もまばらで静かな境内をゆっくり歩くと、聞こえてくるのはヒヨドリの鳴き声だけ。私の家は曹洞宗で
宗派は違いますが、同じ禅宗ということで何となく親しみを感じます。お寺に行くと気持ちが落ち着くというのも
歳を取った証拠でしょうか^^。
b0184848_1054283.jpg

b0184848_10543383.jpg
b0184848_10544055.jpg
b0184848_10544674.jpg
b0184848_10545225.jpg

開梛(かいぱん)は、時を報ずるための魚板。木魚の原型とも言われています
b0184848_10545894.jpg

小笠原家の家紋「三階菱」
b0184848_1055490.jpg
b0184848_10551015.jpg
b0184848_1055161.jpg
b0184848_10552336.jpg

ホテルの部屋から関門海峡が見えました
b0184848_10553158.jpg

小倉の街並みです
b0184848_10553663.jpg


by granpatoshi | 2017-11-26 10:58 | 風景 | Comments(2)