カテゴリ:その他( 7 )

2017年 08月 17日
写真家の眼差し
b0184848_16375332.jpg

16日から日本橋高島屋で始まった「沢田教一」写真展に行って参りました。
彼を一躍有名にしたピューリッツァー賞受賞の「安全への逃避」をはじめ、激しい戦闘に顔を引きつらせる兵士の
生々しい表情など、見る者を圧倒する光景が写し出されています。いまでも世界のあちこちで戦争があり、そこには
数多くのフォトグラファーたちが集まって戦争の悲惨さを伝え続けていますが、映像技術の進歩とともに現在では
ビデオジャーナリズムが主流となっています。

私が思うに戦争に限らず、極限の場面を写し撮ることができるのはやはり動画ではなく1枚の写真ではないかと
思います。仮に沢田教一が「安全への逃避」を動画で撮影していたら、見る側はその場面をどのように捉えただろうか。
動画で撮っていても一連の流れの中で同じ瞬間が映っているでしょう。しかし見る側の脳内をすっと通過してしまう
のではないか。同じ映像でも写真は見る側に想像力を要求します。ここが写真の持つ力なのではないかと思うのです。

沢田教一は最前線の写真だけではなく、市井の人々の暮らしや子ども達の笑顔もたくさん撮っています。
激しい戦争が行われている同じ国で、子ども達の屈託のない笑顔は救いです。しかし1970(昭和45)年10月、
カンボジアで取材中に34歳の若さで銃弾に倒れました。戦場写真家としての名声もさることながら、報道写真家としての
眼差しは今も消えることのない輝きを放っていると感じました。

by granpatoshi | 2017-08-17 07:00 | その他 | Comments(2)
2016年 11月 26日
お知らせ
急な用事でしばらく北九州へ帰ります。
したがってブログの更新もお休みさせていただきますので
ご了承のほど、お願い申し上げます。

by granpatoshi | 2016-11-26 07:00 | その他
2015年 08月 05日
国際宇宙ステーション「きぼう」を撮影する
油井亀美也飛行士が搭乗する国際宇宙ステーション「きぼう」が、日本の上空を通過するということで、その撮影にチャレンジ。
といっても、超望遠レンズを使った撮影ではなく、広角レンズを使ってのコンポジット(合成)撮影。JAXAのホームページで
調べると、関東での見え方は19時30分30秒・方位250度(西南西)・仰角10度→19時33分30秒・方位319度(北西)・
仰角41度→19時36分30秒・方位34度(北)・仰角11度となっています。

そそくさと夕食を済ませ、19時頃からスタンバイ。星空撮影用にカメラの設定をいじくり、テスト撮影を繰り返します。使用レンズ
EF24-105㎜ F4L IS USMのワイド端を使い、絞り:開放、撮影モード:マニュアル、ISO感度:640、シャッター速度:1秒。
記録画質:JPEGの設定です。

19時30分30秒から撮影開始。肉眼では見えないけれど、おおよその勘で視界から消えたと思われる19時32分50秒までの
間に98コマ撮影し終了。早速PCに取り込んで、コンポジットソフトを使って98枚の写真を合成すると、「おぉ、写っていました^^」。
しかし、実はイメージとちょっと違っている。「きぼう」の光跡が点線になっているのです。
これはシャッター速度の選択ミス。1カットの露光時間をもっと長くすれば、光跡が1本の線となって伸びている筈。もうひとつの
ミスはミラーアップしていなかったので、いくらケーブルレリーズを使ってもミラーの振動で、地上の景色がブレてしまったこと。
b0184848_10381888.jpg

まあ反省点は多々あれど、地上から400キロ上空を飛行する「きぼう」の光跡が写っていたことに感激した次第です^^。

実は画面の右端、中ほどにもう一つ光跡が写っています。これ、何だろう?これも衛星?

by granpatoshi | 2015-08-05 07:30 | その他 | Comments(0)
2013年 10月 07日
カチンコの世界
b0184848_11365730.jpg


あ、いえパチンコではありません、カチンコ^^。
映画の撮影で、役者さんが演技を始めるきっかけの合図に使う道具ですね。高い音が出るサクラの木で作る
そうです。実はこの数日間、大手映画会社が製作する教育映像作品のスチールカメラ担当として、ロケに参加。
早朝から夕方まで一日大体10時間以上、スタジオやロケ現場で一生懸命写真を撮っていました。

ムービーの世界に何でスチールカメラが入るのかというと、作品DVDのジャケットやポスターなどの各種宣伝物、
あるいは教則本に収録するために写真が必要というわけです。ではどんなシーンをスチールカメラで撮るのか。
基本的にはプロデューサーと打ち合わせを行い、各シーンごとの印象的、象徴的なカットを中心に撮影しますが、
あとはスチールカメラマン(あ、それは私です^^)の感性で撮ることもあります。そのためには事前に台本を読み
込んで、自分なりのイメージを作っておく必要があります。

ロケ現場でのスチール撮影は、こんな風に行います。
まず監督が役者さんに演技指導をした後、「段取り」と称して演技の動きを確認します。
次に「テスト」。キャメラ(この業界ではそう呼びます^^)を回して、本番とまったく同じ動きをします。2、3度練習
したらいよいよ本番。全員が配置に着きます。
助監督「では本番いきま~す。シーン3、カット1、トラック2」
キャメラ「はい、回った」
監督「本番! よ~い、ハイッ」。「カチッ」(カチンコの音)。
ここから先、役者以外は無言の世界。スタッフは動きも止めます。スチールカメラは撮影不可。結局、スチールは
「段取り」の時か、または「テスト」の時に撮るしかありません。困るのは「消えもの」と呼ばれる、演技の進行とともに
姿を消して行く小道具がある場合。
例えば、劇中で役者さんがおにぎりを頬張るシーン。おにぎりは本番でしか食べないので、「テスト」の段階で、
おにぎりを頬張る直前を撮るか、場合によっては本番が終わった後、スチール用に特別に演技してもらうしか
ありません。

ロケ中はほとんどキャメラの傍に陣取っての撮影で緊張もするし疲れもしますが、映画作りの奥深い世界の一端に
触れることが出来て楽しかったです。
それにしてもあのカチンコ、一度本番で鳴らしてみたかったなぁ^^。

by granpatoshi | 2013-10-07 11:53 | その他 | Comments(8)
2013年 03月 17日
入賞しました^^
b0184848_17593959.jpg

野鳥愛好家向けの専門誌『BIRDER』という月刊誌に、読者からの写真を募集する「私のケッサク!“鳥”写真」という
カラー頁のコーナーがあり、このたび私が応募した写真が入賞し、掲載されました(^.^)/。

地元の緑地公園にやってきたミヤマホオジロが、ススキの穂に止まって種を食べているシーンを撮影したものですが、
相手は野鳥ですから撮影者の思惑通りに動くはずもなくすべて向こうさん次第。「ここに止まってくれたらいいのになぁ」と
思っていた、まさにその場所に来てくれました。抜けの良い背景、光の状態、鳥の仕草、立ち位置など好条件が重なった
結果ですが、自分で言うのも何ですがこれを撮った時は「よし、やった!」と思いました^^。
私の拙い経験で言うと、野鳥の撮影は運(=ツキ)が半分、残りの半分は機材や撮影時のカメラの設定、現像処理など
でしょうか。これからもこのツキを大事にしながら森の中を徘徊することにします^^。

by granpatoshi | 2013-03-17 00:10 | その他 | Comments(18)
2011年 03月 19日
ガンバレ、東北! そして再びロングジャーニーへ
大地震、大津波、そして原発事故・・・空前の大災害に見舞われた東北・関東の被災者の皆さまに心よりお見舞い
申し上げます。まだ今は震災のショックで逆に気持ちが張っていると思いますが、時間が経ち周囲の状況が少し
落ち着いてくると、喪失感とともに深い悲しみにとらわれるのではないかと気がかりです。
今回の大震災では多くの人が身内を失い、家を流され、辛い避難生活を強いられています。被災された方々の
物理的な損害の回復もさることながら、心のケアも非常に大切な事柄になってくるはずです。私には、取りあえず
エールを送ること位しか出来ませんが、国内はもとより世界中が復興支援に動いてくれていることは被災者の心の
励み、そして支えになってくれるのではないかと思います。めげるな、東北! 

実は私の母が2月8日にガンで亡くなりました。1月に入院してから、いつかはその日が来るのは分かっていまし
たから、実際に亡くなっても思ったほどの悲しみは感じませんでした。しかし、来週に予定されている四十九日の
法要が近づくにつれ、だんだんと喪失感や悲しみを感じるようになりました。震災で突然肉親を亡くされた人たちの
悲しみはとても言葉では言い尽くせないものがあると思いますが、何とか乗り越えて再生に向けて立ち上がって
ほしいと願うばかりです。

母の法要や父の介護のため、明日から再び車で九州の実家に帰省します。折に触れてブログも更新する予定です。

by granpatoshi | 2011-03-19 20:18 | その他 | Comments(4)
2010年 12月 08日
科学する心
b0184848_12114166.jpg

空気より重い飛行機が空を飛べるのは何故か、鉄の塊のような船が海に浮くことが出来るのはなぜか。
飛行機が空中に浮くのは「ベルヌーイの定理」が働き、船が水に浮くのは「アルキメデスの原理」が作用
しているかららしい。純文化系の頭には物理の法則は手強い相手ですが、飛行機や鳥の写真を撮って
いると揚力という不思議な力を実感することがあります。科学に興味を持つことで、趣味の世界でも役に
立つことが多々あります。
2009年に行われた「国際学力調査」で日本は前回の調査よりも順位が上がり、なかでも「科学的応用力」
では5位に上昇しました。これからの日本が国際社会で互していくためには「科学立国」を目指すことが
大切で、そのためには小さい頃から科学する心を培っていくことが重要ではないかと感じた次第です。

by granpatoshi | 2010-12-08 12:18 | その他 | Comments(8)