カテゴリ:ミリタリー( 5 )

2016年 09月 13日
雨の城南島にて
どうしても撮りたいものがあって小雨そぼ降るなか、酔狂にも城南島へ行って参りました。
韓国海軍の駆逐艦と補給艦が海上自衛隊と共同訓練のため来日、晴海埠頭を出港して城南島の沖を通過する
ところを押さえようという魂胆です。そしてもう一つの狙いがルフトハンザのエアバスA340。この飛行機は湿度が
高い時はエアボーンと同時に両翼端からベーパーを引きながら上昇し、城南島を過ぎた辺りで右旋回。この時、
主翼付け根付近からボワッという感じで水蒸気が発生します。というわけで船と飛行機、両狙いでスタンバイです。

予定の時間よりも少し早く、ホスト艦である海上自衛隊の護衛艦DD111「おおなみ」がレインボーブリッジをくぐって
姿を現しました。狭い水路なので不測の事態に備えて、乗組員10人ほどが艦首で前方を監視しています。20分後に
出て来たのは韓国海軍補給艦「チョンジ」、駆逐艦「チュンムゴン・イ・スンシン」が続航します。「おおなみ」は船足も
速く通過しましたが、後続の2艦は水路に不案内なためかタグボートが寄り添い、スロースピードで出て行きました。
目の前を通過するも、鉛色の空に灰色の軍艦なのでコントラストの低い写真となりました。

護衛艦DD111「おおなみ」 やはり軍艦はカッコいいです
b0184848_15404216.jpg

b0184848_15404969.jpg
b0184848_15411099.jpg
b0184848_15411777.jpg

韓国海軍補給艦「チョンジ」
b0184848_15412586.jpg
b0184848_15414026.jpg

韓国海軍駆逐艦「チュンムゴン・イ・スンシン」 海自の護衛艦とは上部構造の形状がまったく違います
b0184848_15415748.jpg
b0184848_15421075.jpg
b0184848_15422139.jpg
b0184848_15424118.jpg

そしてもう一つの狙い目、ルフトハンザのA340はエアボーン直後に低い雲に突入、音だけで姿はまったく見えず。
雨の中を頑張ったのですが、残念ながら目的は果たせませんでした。
ボーイング777-300ERはほぼ確実にベーパーが出ます^^
b0184848_1543171.jpg
b0184848_15431512.jpg


by granpatoshi | 2016-09-13 07:00 | ミリタリー | Comments(0)
2016年 09月 01日
護衛艦まきなみ
帆船「エスメラルダ」をエスコートしたのは海上自衛隊の護衛艦DD-112まきなみ。
アフリカ・ソマリア沖での海賊対策任務に何度か派遣されたそうです。初めて間近で護衛艦というものを見ましたが、
マストに取り付けられたレーダーやアンテナ、速射砲や機関砲、ミサイルや魚雷、対潜ヘリなど、軍艦というのは
「闘うぞ!」という強い意志が形になっている船だと感じました。練習帆船と違って海賊対策は実戦任務。搭載している
兵器が実際に使われないことを祈るのみです。※今回も写真多数です^^。

青森県大湊が母港です
b0184848_19575545.jpg

イタリア製の127ミリ速射砲が睨みを効かせています
b0184848_1958267.jpg

艦橋部と機関部は一体構造ではなく、分かれています
b0184848_195876.jpg

艦尾右舷側の二つの穴はデコイ射出口
b0184848_19581236.jpg

艦橋は護衛艦の中枢部。各種レーダーやアンテナが多数設置されています
b0184848_19581762.jpg

20ミリ機関砲。接近してくるミサイルや航空機を迎撃する自艦防御兵器です
b0184848_19582245.jpg

艦対艦ミサイルランチャー
b0184848_19582875.jpg

3連装魚雷発射管
b0184848_19583394.jpg

艦長席
b0184848_19583848.jpg

操舵輪。意外と小さい
b0184848_19584437.jpg

2004年3月18日就役なんですね
b0184848_19584973.jpg

対潜ヘリコプター SH-60J
b0184848_19585570.jpg

かなり出っ張っているバブルウィンドー
b0184848_1959025.jpg

磁気探知装置。海中に垂らして潜水艦を探知します
b0184848_1959654.jpg

ヘルメットに私が写りこみました
b0184848_19591170.jpg

ヘリ離着艦用コントロールブース
b0184848_19592521.jpg

ヘリ格納庫
b0184848_19593627.jpg

ヲイヲイ、国防は大丈夫か^^; でも子どもには大人気でした^^
b0184848_19594511.jpg


by granpatoshi | 2016-09-01 07:00 | ミリタリー | Comments(0)
2016年 08月 30日
帆船エスメラルダ
b0184848_1113391.jpg

チリ海軍の練習帆船エスメラルダが訓練航海の途中で日本に寄港し、東京港晴海埠頭に接岸。
一般公開が行われるということで、見学に行って参りました。排水量3673トン、純白の船体に4本マストの
エスメラルダは“白い貴婦人”とも称され、チリ海軍の士官候補生ら310人が乗り組んでいます。
白い制服に身を固めた訓練生や水兵の出迎えを受けて乗船します。さすが帆船だけあってデッキはロープ
だらけ。甲板の床材はもちろん木です。後甲板には使い込んだ木製の操舵輪があって、如何にも帆船らしさ
を演出しています。男所帯の中に女性の訓練生も乗り組んでいて、華やいだ雰囲気もあります。
大海原を風の力だけで帆走する姿は想像するだに優雅です。30日には次の寄港地、韓国・釜山に向けて
出港するそうです。Bon Voyage ! ※今回は写真が多いです^^;

晴海埠頭に接岸中のエスメラルダ。後方はエスコート艦「まきなみ」
b0184848_11141287.jpg

帆船のシンボル、フィギュアヘッドは国旗を抱いたコンドル
b0184848_1114195.jpg

一般公開の準備中。ワクワクしますねぇ^^
b0184848_1114247.jpg

ブリッジ(艦橋)はかなり小さい
b0184848_11143060.jpg

船内公開が始まりました
b0184848_11143544.jpg

操帆用のロープ
b0184848_11144123.jpg

b0184848_11144619.jpg

日本の組紐を思わせる仕上がり。芸術的です
b0184848_11145246.jpg

年季の入った操舵輪
b0184848_11145832.jpg

後甲板にあったタイムベル(時鐘)。出港時に鳴らすのでしょうか
b0184848_1115442.jpg

落水時の救助用に使う浮き輪
b0184848_1115944.jpg

チリ共和国の国章。スペイン語なのでチンプンカンプンですが、「理性によって、または力によって」と書いてあるのだそうです
b0184848_11151522.jpg

搭載する高速艇
b0184848_11152151.jpg

女性士官(知的です^^)
b0184848_11152799.jpg

セーラーウーマン(帽子が可愛いです)
b0184848_11153753.jpg

セーラーマン(ヒゲが似合います)
b0184848_11154626.jpg

マストトップまで48.5メートルあるそうです
b0184848_11155965.jpg

船尾にひるがえるチリ国旗
b0184848_1116751.jpg


by granpatoshi | 2016-08-30 07:00 | ミリタリー | Comments(2)
2012年 08月 25日
富士総合火力演習2012(予行) その2
戦場において勝敗を決する最大の要因は、何と言っても敵を凌駕する圧倒的な火力と機動力でしょう。
総火演予行でも大口径のりゅう弾砲や最新鋭の戦車、戦闘ヘリなどが発射する火力の凄まじさを実感しました。
また、自走りゅう弾砲や各種ヘリコプター、装甲戦闘車両などが機動力を駆使して敵を制圧する様は、まるで
映画のワンシーンを見ているような錯覚さえ覚えました。
国の安全と平和を守ることを付託された自衛隊にとって、有事に備えて技を磨いておくことは必要なことですが、
願わくばその力を行使しなくてすむ世の中であって欲しいとも思います。(完)

自走155ミリりゅう弾砲
b0184848_9382123.jpg

155ミリりゅう弾砲
b0184848_9382968.jpg

戦車砲の発射
b0184848_9384529.jpg

偵察警戒車による一斉射撃
b0184848_9385566.jpg

偵察用オートバイ
b0184848_9413381.jpg

空挺降下
b0184848_9392615.jpg

AH-1S対戦車ヘリコプター
b0184848_9393627.jpg

OH-1観測ヘリコプター
b0184848_9394365.jpg

AH-64D戦闘ヘリコプター
b0184848_9395021.jpg

総火演のフィナーレは空陸一体の戦果拡張デモンストレーション
b0184848_9395645.jpg


by granpatoshi | 2012-08-25 09:49 | ミリタリー | Comments(8)
2012年 08月 23日
富士総合火力演習2012(予行) その1
陸上自衛隊東富士演習場で行われた、平成24年度富士総合火力演習(総火演)の予行を見に行ってきました。
実弾を使った砲撃演習は国内でも最大規模とのことで、予行とはいえ本番と寸分違わぬ演習プログラムは迫力満点。
お山で鳥撮りをしていると、遙か下界の方から雷鳴のような砲弾発射時の轟きが聞こえてくることがありますが、
この総火演は実弾演習の総仕上げとも言えます。
予行当日は厳しい残暑が照りつけ、スタンドで観戦する見学者はもとより、演習に参加している隊員諸氏にとっても
キツイ一日だったと思います。しかし、各兵科とも見事に統制の取れた動きで予定された演目を次々とこなし、日頃の
訓練振りをいかんなく発揮していました。

総火演名物の空中曳火射撃。同時発射した砲弾の弾道を背景の富士山の形に揃え、空中で爆発させるという高等砲術です
b0184848_9242823.jpg

最新鋭の10(ヒトマル)式戦車が隊列を組んで射撃場に入ってきました
b0184848_9245877.jpg

旋回しながら射撃を行うスラローム射撃。砲口炎が凄い
b0184848_9252522.jpg

ホバリング中のCH-47Jから隊員がリペリング降下
b0184848_9265025.jpg

降下した隊員全員を一本のロープにぶら下げて回収し飛び去りました
b0184848_927359.jpg

地雷原処理車が地雷原処理ロケット弾を発射
b0184848_9281357.jpg

空中で弾体が開き、爆薬ブロックが展開
b0184848_9284087.jpg

地上に落下して地雷を爆破処理します
b0184848_9292353.jpg

第一空挺団による空挺降下。富士山をバックに気持ちよさそうに降下してきましたが、実戦だと景色を楽しむというわけにはいきません
b0184848_9311518.jpg

中距離多目的誘導弾の発射
b0184848_9314583.jpg

個人携行式軽対戦車ミサイルの発射
b0184848_9321374.jpg


by granpatoshi | 2012-08-23 09:39 | ミリタリー | Comments(4)